COLUMN

コラム一覧

  • 関西はミュージカル全公演とメンバーショーケースが全て終了し、
    合宿から始まった長い夏が終わりました。

    関東はまだまだこれから本番ということでまだまだミュージカルを
    盛り上げていきましょう!!

    さて、私は今回wordplayのプロジェクトを担当し、関西全公演の
    キャストリハ、キャスト合宿、本番中統括と関西公演の
    全てを取りまとめさせていただきました。

    wordplayのフルバージョンをやるのは関西が初演ということで、
    この夏は何度もwordplayのナンバーが夢にでてくるくらい
    自分の中で大きなミッションでしたが、サポートしてくださる
    スタッフの皆さん、全編英語の台本を全て覚えて、公演当日まで
    努力しつづけてくれた出演者の皆さん、合宿や送迎など、たくさん協力してくださった
    保護者の皆様のおかげで素晴らしい公演となりました。

    まずは皆様に感謝申し上げます。
    本当にありがとうございました。


    関西wordplayの本番当日は本当に大きな問題もなくスムーズに
    5日間乗り越えることができ、当日対応スタッフのチームワークに
    本当に助けられました。

    その中でもチームで協力し、やるべきことをやりぬいた瞬間!
    を皆さんに共有したいと思います。


    今回アンサンブルリーダーのメンバーはハンドマイクを持った際に
    メンバー自身でオンオフをお願いしていたのですが
    当日あるクランのシーンで一人のメンバーがマイクのオンを
    忘れてしまいました。
    もちろん袖付きのスタッフも声掛けをしてから舞台上に送っていましたが
    舞台は生もの、いろんなハプニングが起きて当然です。


    地声で頑張ってくれていますがやはりマイクがないと音楽との
    歌の際は負けてしまう、、


    ここまで一生懸命練習してきたメンバーの努力をお客さんに披露したい!!という一心で、
    袖付きのスタッフ総動員で上手も下手もそのメンバーに
    向けてマイクのスイッチあげて~~~!!というジェスチャーを
    一心不乱にやりました。


    カンペも準備して、関西スタッフならではの大袈裟なリアクション芸で
    ようやくメンバーが気付いてくれてマイクをオンすることができました!!

    私は上手袖にいたんですがあの時の下手袖のスタッフの光景は今でも
    忘れられません。(笑)
    とあるスタッフがめっちゃ動いてました(笑)

    関係のないメンバーたちも一心不乱に上下の袖でジェスチャーするスタッフを見て
    ビックリしていたと思います。


    ただこの時、私達スタッフは全員がチームとなって

    「wordplayを成功させる」という思いで動いていたと思います。

    All for one ,one for all.
    みんなは一人のために、一人はみんなのために


    スノーマウンテンのクランにいるUがいつも言うこの言葉を
    体現していた瞬間だなとその光景は、はたから見ると絶対
    面白かったと思いますが、とても感動する出来事でした。


    こんな出来事もありながらも公演は無事成功し、コロナ禍で感染者数もすごく多い時期だったので、
    公演を打つこと自体どうなんだろうと、自分たちの決断に悩むこともありましたが
    保護者の方やメンバーから
    「公演をしてくれて本当にありがとうございました。」
    というお声や、
    「子供たちに活躍する場を与えてくださりありがとうございます。」
    というお声をいただき、
    私達のやってきたこと、やりたかったことは間違ってなかったと確信が持てました。

    いよいよ延期していた関東公演もスタートしています!!
    メンバーが素晴らしい経験を得られるよう、そしてお客さんに
    たくさんの感動を与えられますように!!
    これからもwordplayを盛り上げていきましょう!!


    以上、お読みいただきありがとうございました。


    wordplay プロジェクト
    菊本 2021.9.20

  • 皆様、いつもありがとうございます!

    関西では夏の公演一発目となるwordplayの本番が無事終了いたしました!
    僕もサポートスタッフとして舞台袖からメンバーを見守っていました。

    小学2〜6年性のみのミュージカルということもあり
    大丈夫かな・・・出オチとかしないかな・・・と心配していましたが、
    そんな心配を吹き消すように元気に頑張ってくれました!

    そんな本番の中、一つ感心した出来事がありました。
    キャストが本番の30分前に自分の出番を今か今かと待っていたのですが
    緊張でソワソワしながら動き回り、「疲れちゃうよー」と伝えても止まることはなく
    A,B,C,D,E,Xの6人であっちにいったりこっちにいったり・・・と忙しなく動き回っていました。

    そして本番5分前、緞帳の裏側に全出演者が待機します。
    5分前アラームが鳴り、もうまもなく開演。
    出演者が皆、緊張の顔で開演の合図を待っています。

    そして2分前
    出演者と一緒に裏側で待機していたので
    「後2分で開演だよー」と伝えたのですが
    その瞬間目の前のキャストが「ふーーーー」と長い深呼吸し
    ビシッとポーズをとったんです。

    その瞬間に「あ、もう目の前にいるのはただの小学生ではなく、パフォーマーなんだな」と感じました。
    意識を切り替え、役になりきる。目の前のことだけに集中する。
    大人でも難しいことをこんな子供ができてしまうのか・・・と
    舞台人に年齢など関係ないな、と感心した瞬間でした。

    感染症の拡大により、公演の延期もあり
    「公演ができる!!」と明言することもできない情勢の中ですが
    それでも一つ舞台に立つ毎に一つ成長していくYTJメンバーたちを見て、
    早く全国のYTJメンバーたちが不安なく出演できる日常に戻らないかな・・・と
    切に願った機会となりました。

    今週末は、待ちに待った関東wordplayの公演がスタートします!
    この舞台でメンバーたちがさらに成長し輝けるよう
    感染症対策を徹底しながら、裏でサポート頑張ります!

    以上です。
    お読みいただきありがとうございました!


    wordplay プロジェクト
    中山 2021.9.17

  • 皆様にご尽力いただきまして
    先日、中部/関西のWORLD MUSICが無事に終演いたしました。

    初演なので、開演ギリギリまで
    出演メンバーや技術スタッフさんと
    調整をさせて頂き
    大丈夫かな…と不安もありましたが
    本番の舞台でメンバー達が
    生き生きとした表情で、凛とパフォーマンスしている姿を見て
    じーんと胸が熱くなりました。

    このご時世、上演に向けて
    様々な意見がありましたが
    心から上演してよかったと思っていますし
    上演できたのは、
    どんな時も諦めなかった仲間やメンバーがいたから
    そして、様々ご理解とご協力を頂いた保護者の皆様の
    お陰で感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございました。

    作品を見て頂いた方は
    ご存知と思いますが
    WORLD MUSICでは
    作品を通して、人生の中で
    一番大事なもの…
    を探す旅に出ます。

    日々、忙しさに追われ
    ”一番大事なもの”を忘れ
    がむしゃらに1日を過ごしてしまいがちですが

    主人公のカイト筆頭に
    大事なものに
    気付く旅の道中には
    たくさんの試練やそれぞれの思い
    そして自身が抱えるコンプレックス等を
    みんなで認め合い、助け合い乗り越える。

    たった一度の人生において
    あなたの一番大事なものは?と
    気付かされる
    心温まるWORLD MUSICは
    今後も進化をし続けます。

    次は、待ちに待った
    関東公演に向けて一致団結していきたいと
    思いますので
    皆様、引き続き力を貸してください。

    どうぞよろしくお願いいたします!


    WORLD MUSIC プロジェクト
    豊田 2021.9.15

  • ボンジュール!YTJスタッフのヴェロニクです。
    いつもありがとうございます。

    少し前ですが、YTJオリジナルミュージカル『wordplay』関西公演が無事に終演しました!
    メンバーや観客の笑顔をみて、実現できてよかったと心から思いました。

    私は初めての本番対応で、字幕担当でした。
    今回は一つのスライドショーに背景映像、字幕と音楽が含まれました。
    間違って途中で音楽をかけてしまわないかが一番怖かったのですが、大きい失敗もなく、無事に終えられました。

    緊張しましたが、wordplayに参加できて嬉しかったです。
    この公演期間の間、強く感じたのはチームワークです。

    wordplayはツリーキャンプのスープみたいで、チームワークの味をしています。
    台本、振付、映像など皆自分の食材を加えて、一つだけ足りなかったらマズイですが、
    皆揃って熱心でスープを作ったら、きっといい味がします。
    wordplayのスープはとてもおいしいです^^

    大変な状況の中、舞台活動ができ、メンバー・保護者の皆様、YTJスタッフの皆さんに感謝しています。

    次のスープも頑張りましょう!

    ================

    The last performance of wordplay for the Kansai area was held on Sunday.
    I was really happy to see the members or the people in the audience smiling after the performance.

    It was my first time working directly at the venue as a YTJ staff and I was in charge of the subtitles.
    This time, the subtitles, the background video and the music were included in the same slide show.
    So, my biggest fear was to make a mistake and put on the music in the middle of a scene.
    Fortunately, I didn’t make any big mistake like that. My timing was bad a couple of times though...

    I was pretty nervous but I am so glad that I could be part of the wordplay performances.
    During these 5 days, I could really witness all the teamwork necessary to achieve such performances.
    wordplay is like the soup made at Tree Camp. It tastes like teamwork.
    Everyone is putting their own ingredient to the soup and if only one thing is missing it doesn’t taste so good but when everyone comes together to enthusiastically make soup, it sure will be delicious.
    And the wordplay soup is very good.

    I’m grateful to the members, the parents and the other staff at YTJ for being able to keep doing performances despite the current situation.

    Let’s keep making the best soup!


    wordplay プロジェクト
    Veronique 2021.9.10

  • 皆様いつもありがとうございます。
    気がつけばWorld Music~♪の音楽を口ずさんでいる、YTJスタッフの鍋嶋です。

    先日9月4日(土)と9月5日(日)の2日間でワールドミュージックの本番対応に入らせていただきました。
    公演の本番対応自体が初めてで、緊張と楽しみが入り交じる思いで大阪城公園のTTホールに向かいました。

    TTホールに到着して間もなく出演者も到着し始めたのですが、
    集合時間の1時間以上前に到着している出演者もいて、
    気合入っているなーと思うのと同時に緊張感も伝わってきました。
    出演者と比較して、本番対応で緊張している自分がかなり恥ずかしくなりました笑

    そんな朝の風景から初の本番対応は始まったのですが、
    私にとってこの2日間は感動の連続でした。


    まず、はじめに感動したのが出演者たちの礼儀正しさです。
    私は出演者の受付を行っていたのですが、1人ももれなく目を見て元気な挨拶をしてくれました。
    しっかり目を見てくれるので、むしろ自分のほうが恥ずかしくなるほどでした笑
    些細なことかもしれませんが、こういった基本的な挨拶を気持ちよくはっきりとできるというところに
    YTJの大切にしているマインドが浸透していると感じました。

    次に感動したシーンは、出演者がステージに立ったときの変わり様です。
    朝の集合の段階では、緊張感はあるものの子供らしさのある普通の小学生のような印象を持っていたのですが、
    ステージ上で圧巻の演技や、ダンスを披露している姿を見て鳥肌が立ったのを覚えています。
    そのギャップに完全にやられてしまいました。

    そして、最後に感動したのが公演を支えるスタッフの方々の姿です。
    私自身が今までの経験でイベントや公演に関わることがなかったので、
    直にその一員としてどのように舞台が作られているのか、運営されているのかを知ることが出来ました。

    舞台裏ではインカムを通してやり取りが行われ、安全第一で衣装替えや動線の確保が行われていました。
    最後のバラシ・搬出に至るまでその連携には本当に感動いたしました。


    今回の公演を通して私自身、YTJで働く理由が更に明確になった機会でもありました。
    今後も本番対応として入らせていただく機会がありましたら積極的になにかお力になれたらと思います!
    貴重な機会を本当にありがとうございました。

    最後までお読みいただきありがとうございました。


    WORLD MUSIC プロジェクト
    鍋嶋 2021.9.7

  • 皆さま、いつもありがとうございます!
    先週5日間、『ALICE IN Wonderland』関西公演にて
    メイク・衣装を担当させていただきました!

    ALICEのメイクに関わるのは、実は3回目。
    しかし今回は、メインキャストを中心に
    しっかりと手掛けさせていただく運びとなり、
    緊張と楽しみで初日は筆がガタガタに・・なんて情けない。笑


    まず、第一に感じたことは・・・
    みんなのお肌、赤ちゃんみたいにふわふわ!!涙

    相反するように、連日の本番対応で
    日に日にコンディションが下がっていく自分の肌に
    朝化粧するのがとても憂鬱でした・・・笑


    『カラフルで、ビビッドで、摩訶不思議!』な
    唯一無二の世界観を確立しているYTJのALICEにおいて、
    ワンダーランドの住人達のお顔を彩るメイクは責任重大。

    そしてメインキャストやアンサンブルなど、
    配役に関わらず、メンバーひとりひとりにとって
    大切な晴れ舞台であることに変わりはありません。

    本当はしっかり時間をかけて、
    全員にとびきりのメイクを施してあげたい・・・

    とはいえ、実際の楽屋は戦場へと化しており、
    ひたすらに己と時間との真っ向勝負!
    リハーサル進行に迷惑を描けないよう、
    血眼でできる限りの思いを詰め込みました。


    「落とすのが勿体無くてそのまま帰りました!」と
    わざわざ感想を伝えてくれるメンバーや、

    「本田さんにやってもらいたくて・・・」と
    ご指名をくれたメンバーもいたりして、

    え〜
    なにそれかわいい〜😭

    と震え上がり、かなり張り切ってしまいました(単純)。笑


    何よりも、拙い指示出しの中、
    自ら積極的に動いてくれた超優秀!な
    YTJプロメンバーの皆さんのお陰で
    一人も欠けることなく、出演者全員のお顔を
    華やかに彩ることができました。

    そして、時間に余裕がないときでも
    いつでも穏やかに構えてくださり、
    巻きでメイクが完了したときには「さすが〜!」と
    明るくインカムで励ましてくださった
    スタッフの皆さんのおかげで、
    私もプレッシャーを感じることなく
    楽しんで5日間走り切ることができ、本当に感謝しています。


    照明に照らされ、出演者の頬で
    煌びやかに光るグリッターを見たとき
    ああ、私も作品の一部になれたかな〜と
    自分の手仕事にじんわりと喜びを感じました。

    出演者の皆さん、少しでも非日常のメイクアップを楽しんでいただけたでしょうか?

    何よりも、メンバーの背中には、
    その日のためにかけられた
    膨大な時間と努力が滲んで見えました。

    私も負けないように、彼らと同じ熱量で
    もっともっと机にしがみついていきたい!

    少しずつ秋の気配を感じる9月ですが、
    無事に関東でも素晴らしい公演ができることを祈っています。
    引き続き、YTJのALICEをよろしくお願いいたします!


    ALICE IN Wonderland プロジェクト
    本田 2021.9.3

  • 8月18日~22日の期間、関西『wordplay』の本番対応をしておりました。

    関西公演は大きな問題もなく、大大大成功に終わりました!

    今回の本番対応を経て、今まで以上にwordplayのストーリーをきちんと理解することができましたが、
    とてもいいお話で、YTJの小学生メンバーにしかできない素敵なミュージカルだなと見ていて思いました。

    小学生がすべて英語でミュージカルをしている姿に心打たれました。
    自分が小学2年生のころと比べて考えると、YTJの小学生は本当に天才だと思います。

    自分のスタジオのメンバーがキャストでもアンサンブルでも頑張っている姿を舞台袖で見ていて、
    感動してしまい思わず涙が出ました。

    また、小学生にも関わらず、出演者のみんなは本当に賢く意識が高く、舞台裏でも話さないように意識していたり、
    舞台袖ですれ違った外部のスタッフに自ら挨拶していたり、これまではあまり見られなかった姿を見られて嬉しく思いました。
    みんな確実に成長していました。

    実は、先週はALICEの本番対応にも入り、中学生も去年からグンと成長した姿を見せてくれました!

    明後日からはWORLD MUSICの本番対応に入ります。
    パワーアップしたWORLD MUSICも、今からとても楽しみです!!!

    YTJの3ミュージカルすべてに携わらせていただけてとても光栄です。
    その後に控えているC・Bクラスのメンバーショーケースでも、皆さんの成長がみられることを楽しみにしています!!!

    以上です。
    お読みいただきありがとうございました!


    wordplay プロジェクト
    中村 2021.9.2

  • 2021年夏、出演者と共に作品を創りあげてくださった全てのスタッフの皆さんへ感謝申し上げます。

    そして舞台は、関西・関東公演と続きます!

    各演目を場当たりで最終の微調整し、前後の流れを繋ぎ、そして舞台装置、音響や衣装、照明なども含めた本番さながらのゲネプロで最終調整を行いますが、ここでしっかりスタッフの皆さんから受け継いだクラス演目の調整をしてまいります。本当にここまで様々なリクエストにご対応いただきありがとうございました!

    今回の『WORLD MUSIC』
    新脚本を読んだ際の個人の第一印象は

    登場人物たちがみつけた目標は、きっと劇場空間をシェアし合った沢山の人たちの「背中」を後押しし、
    新しい一歩を踏みだす「楽しさ”enjoy”」を見つけてくれる! と思いました。

    また前作と共通し、この作品が子どもに向けてのみならず、大人・親の世代が子どもたちに向き合う際の「大切なメッセージ」が含まれていると感じたことでした。

    それぞれ中身は違うけれど 誰もがみつけ出したいもの。優しさの源から生まれる相互理解。
    多様性と普遍性、
    その両方を包括したストーリーが『WORLD MUSIC』だと個人的に思っています。

    脚本を書かれた植木さんからは、限られた時間の中でたくさんヒントをいただき、先日の中部公演をみて、自分自身が気づいていなかった部分を現在いくつも発見中です!

    そして関東の出演者については
    絶賛お笑いセンスへの挑戦中です!(笑)


    私はキャストをみせていただく機会が多かったのですが、努力が出来る出演者に対し「自分で考える」という行為が欠けないことについては、本当に細心の注意を払いました。
    「言われたことを、言われた通りにやる」のでなく「なぜそうするのか?」「なぜこうなるのか?」挙動ひとつとってもそれを徹底的に考える力が身につくことで、表現の可能性はさらに大きなものとなるはず。

    「WORLD MUSIC」という作品を通じて、
    一人ひとりが「考える力」を発揮してくれることを何より大切にできたら。

    新WORLD MUSICは
    いまようやく産声を上げたばかりです。

    まだまだ頼りない部分もありますが、この作品はYTJメンバーとスタッフの皆さんに支えられて、とてつもなく大きな可能性を持った作品に思います。


    最後に、
    このコロナ禍の中で、制約を受けていない人は誰もいないと思います。今まで普通にできていたことができなくなったりする日々の中で、もういいや、とあきらめる人がいても仕方ない。でも、諦めずにいれば何か新しいものができるということ。
    みんなの力が合わさればきっと何かができるという未来。

    この作品から、子どもたちの “可能性” を感じていただけるといいなと思います。

    今週末の関西公演、
    お時間がございましたら、ぜひ劇場へお越しください!

    最高のホスピタリティと万全の体制でスタッフ・出演者がお迎えします。


    最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

    👉▶▶▶ Follow our adventure!WORLD MUSIC ❢

  • いよいよ、この夏もYTJオリジナルミュージカルが開演となります。
    wordplayのレッスンでは、キャラクター研究をする際に出演者たちにこんなことを聞いてみました!

    「自分の演じるキャラクターのバックの中には何が入ってる?」

    今回は特に印象的だったバックの中身を皆さんに3つ紹介します!

    【H---HOPE】
    魔法の粉・・・この魔法の粉でなんでもキラキラに、素敵な世界にします!

    【S---SILENCE】
    静かに歩くためのくつ・・・足音が立つのが苦手。ほかのキャラクターに貸すぶんも所持。

    【J---JUSTICE】
    ブランド物の財布・・・HATTOWNに住んでるみんなは自分にとって価値があるものを選びます。Jはブランド好き(キャストのイメージです)

    他にも
    ・もし学校だったらどこの席?先生はどのキャラクター?
    ・各クランはどんな形?
    ・各キャラクターはどんな家に住んでいるの?
    などたくさん想像力を膨らませ、役作りにチャレンジしてみました!

    これを読んでくださった皆さんも是非チャレンジしてみてください!


    さて、wordplayは本日関西公演2日目ですね。
    まだまだ暑い日が続きますがオリンピックや甲子園に負けないくらいYTJもこの夏を盛り上げていきましょう!!!

    wordplay プロジェクト
    西村 2021.8.20

  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、関東の全公演を延期いたします。

    延期後の公演日程は現在調整中です。
    劇場チケットを購入された方へは、今後のお手続き方法について後日ご案内をお送りいたします。

    各公演スケジュールにつきましては、以下よりご確認ください。


    『ALICE IN Wonderland』関東公演スケジュール

    『WORLD MUSIC』関東公演スケジュール

    『wordplay』関東公演スケジュール

  • 皆さんこんにちは!ALICE IN Wonderlandプロジェクトの榊です。

    東京スカイツリータウンには「すみだ水族館」があります。

    屋内水族館ではありますが
    最大の特徴はフロアの中央に構えた大型の開放型水槽でして
    20羽ほどのペンギンたちが泳いだり、黄昏たりしている姿を
    間近で楽しむことができます。

    先月遊びにいった際に「ペンギン相関図」なるものが掲示されていました。
    https://www.sumida-aquarium.com/sokanzu/

    ”3分くらいでなんとなく分かって、1時間くらい見ていられる”

    見てみると飼育員さんも含めた
    「その情報、いる?」や
    「そんな複雑な関係、ある?」と
    思わず突っ込みを入れたくなる関係性が大半なのですが
    膨大な情報量が詰め込まれています。

    水槽を眺めているだけでは到底理解できませんが
    ペンギンたちにも日々様々な”ストーリー”があるのだなと
    ついつい、愛着を持ってしまいます。

    ***

    「ALICE IN Wonderland」では、今年度
    念願だった360°カメラを導入することになりました。

    【ALICE】vol.5 女王陛下からの命令!|アリスぺ SeasonⅢ *360°でお届け!

    360°カメラの導入により、役者のこだわりを
    余すことなく記録に残すことができるようになりました。

    本編の主軸では語り切れないし
    下手したら誰も見ていないかもしれないけど。

    ALICE IN Wonderlandは作りこみ次第で
    キャラクター同士の関係性を好きなだけ追求することができる
    アナザーストーリーの宝庫です。

    Heads will rollの曲中、死んだふりをするRABBITをずっと問診しているKING…
    QUEENの指示で、ずっと「カエル」のポーズを取り続けるKING…
    Tea Partyの写真撮影タイムの時に、こっそり映り込むKING…

    (あれ…KINGばかり…)

    相関図にまとめることは遠慮したいのですが
    (途方もないうえに収集がつかない、けど少しやってみたい)

    360°カメラの導入で、
    「この関係性、何?」
    「あ、こんなところでドラマが生まれていたのか…」と
    作品により愛着を持っていただくキッカケが作れたら本望です。


    ***

    前途多難な状況ではありますが
    たくさんのお客様に作品をお届けできる日を夢見て…

    日々練習に励むこども達が行く先を迷わないように
    ひたすらに前を向き続けたいと思います。

    引き続き、YTJのALICEをよろしくお願いいたします!


    ALICE IN Wonderland プロジェクト
    榊 2021.8.18

  • 東京オリンピック2020のために、とてもすばらしい
    「各国を映したKIMONOで世界が手をつなごう!」〜 世界はきっと、ひとつになれる〜. Imagine One World
    日本のKIMONOプロジェクトが生まれました。
    ​​
    各国の対立や分断を越え
    世界共通の難局を乗り越え
    KIMONOを通して世界が手をつなごう!というプロジェクトです。

    ​少しそのプロジェクト紹介したいと思います。
    世界の着物制作、
    おもてなしエキシビション、
    世界各国をモチーフにした着物制作。

    柄は各国の大使館などにヒアリングしました。
    また小中学校の教育で、児童生徒がその国を学習したアイデアを取り入れたデザインもあります。
    関連する国の着物を揃えてストーリー性あるおもてなしをしています。
    KIMONO × 207
    世界207の国と地域‼︎

    それぞれが大切に思い
    誇りとしている自然・文化・歴史を描いた
    KIMONO(着物・帯)が完成しました

    ※207
    ナショナルオリンピック委員会の国と地域206 + 難民選手団​
    (ラグビーW杯の英国を構成する地域などを加えると、全213着を制作)

    1つの国の制作費(着物・帯・小物)は
    各国平等に200万円。

    全てが個人・法人のみなさまからの寄付で、全額を各制作者にお渡ししています。

    活動する仲間は皆ボランティアです。信じられないですよね。

    そのプロジェクトについてリンクご確認ください。11の言語で確認できます。
    https://www.piow.jp/?lang=en

    YTJスタッフもたくさんの外国籍スタッフが在籍していますが、どこの国の出身かご存知でしょうか?

    Japan 日本🇯🇵
    USA アメリカ🇺🇸
    Philippines フィリピン🇵🇭
    Ukraine ウクライナ🇺🇦
    France フランス🇫🇷
    UK イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿
    China 中国🇨🇳
    Germany ドイツ🇩🇪
    Argentine アルゼンチン🇦🇷
    Africa アフリカ
    Australia オーストラリア🇦🇺
    Trinidad トリニダード🇹🇹
    Belgium ベルギー🇧🇪
    Pakistan パキスタン🇵🇰
    Brazil ブラジル🇧🇷
    Korea 韓国🇰🇷
    Hawaii ハワイ
    Indonesia インドネシア🇮🇩

    WOW, 18!!! 🤩18 国籍です!


    この動画でも各国の着物を見てみてください。様々な国々の心も歴史も着物に服和えてます。
    YTJで働いてるスタッフの国籍の着物も見つけらるでしょうか!?
    https://youtu.be/TCSAJH4EEn8

    2021年の日本から、KIMONOが奏でる平和の音色。
    それは、日本ならではのおもてなしのカタチ。

    芸術は、言葉が通じなくとも国境を越え、
    時を越えてゆく。
    ​平和を彩るKIMONOたちは
    やがてレガシーとなり、100年先も語り継がれる…

    🌏WORLD MUSICも毎年各のパフォーマンスでさまざまな国の文化、
    音響の美術を紹介しながらさまざまな国籍な人も繋げています!とても素晴らしい事だと思います!
    今年のWorld Music もお楽しみしてます!

    最後まで読みいただきまして、ありがとうございました!

    WORLD MUSIC プロジェクト
    Nataliia 2021.8.16

  • 皆さん、こんにちは!wordplayプロジェクトマネージャーのGregoryです。 本日は・・・wordplay音楽チャレンジをしましょう! (English below) 皆さんは『wordplay』の音楽をどれぐらいご存知でしょうか? そして、音楽理論をどれぐらいご存知でしょうか? (僕より音楽理論を知っている人がいれば、このクイズの間違えを指摘できるかもしれないですが・・・笑) ぜひ、チャレンジのクイズをやりましょう! CHALLENGE1:wordplay曲と参考曲を照らし合わせてみましょう! 以下の曲がwordplayの音源か作曲の参考になりました。 参考曲を聞いて、どのwordplayの曲に影響を与えたか、考えてみてください。 1. Crave - Gabe Dixonはどのwordplayの曲に影響を与えたでしょうか? 2. Until the End (アコースティク) - Breaking Benjaminはどのwordplayの曲に影響を与えたでしょうか? 3. A Thousand Years - Christine Perriはどのwordplayの曲に影響を与えたでしょうか? 4. 70 Excuses (最後の部分) - K'Naanはどのwordplayの曲に影響を与えたでしょうか? 5. Let's Go - ソビエト軍隊 (はい、そのソビエト軍隊)はどのwordplayの曲に影響を与えたでしょうか? CHALLENGE2:楽器 1. ダルシマーを使っている曲はどれでしょう? 2. ジャンベを使っている曲はどれでしょう? 3. アコーディオンを使っている曲はどれでしょう? リズム・拍子記号: 1. 3/4の曲はどれでしょう? 2. 6/8の曲はどれでしょう? 3. 2/2のサビがある曲はどれでしょう? 4. wordplayの何曲はスイングですか? モード(旋法)と音階(音楽理論の自信を持っている方へ): 1. 『Time for wordplay』のAメロのコードはどんなモード(旋法)を使っているでしょうか? 2. どのwordplayの曲がドリア旋法(ドリアンモード)のコードを使っているでしょうか? 3. どのwordplayの曲がペンタトニックのメロディーを使っているでしょうか? 4. 長調(メジャー)のメロディーかつミクソリディア旋法(ミクソリディアンモード)のコードがあるwordplayの曲はどれでしょう? 正解はまた改めて・・・ Challenge accepted! ************************ ENGLISH: wordplay music quiz!!!! How well do you know the wordplay music? How well do you know your music theory? (if you know it better than me you might even be able to point out where I may have made a mistake in this quiz lol) Take the quiz and find out! Send me a chat if and I will send you the real answers. QUESTION CATEGORY 1: match the reference song with the wordplay song! All of the songs below acted as reference inspiration for wordplay songwriting or arrangement. Can you tell by listening to a song which wordplay song it influenced? 1. Crave by Gabe Dixon - which wordplay song did this influence? 2. Until the End (acoustic) by Breaking Benjamin - which wordplay song did this influence? 3. A Thousand Years by Christine Perri - which wordplay song did this influence? 4. 70 Excuses (mainly the end part) by K'Naan - which wordplay song did this influence? 5. Let's Go by the Soviet Military (yes that Soviet military) - which wordplay song did this influence? QUESTION CATEGORY 2: Instruments! 1. Which song uses a hammer dulcimer? 2. Which song uses a djembe? 3. Which song uses an accordion? Time Signatures: 1. Which song is in 3/4? 2. Which song is in 6/8? 3. Which song has its chorus in 2/2? 4. How many songs in wordplay are swung? Modes and Scales (for all you music theory OGs out there): 1. What mode is being used in the chords in the verse of Time for wordplay? 2. Which song uses Dorian mode chords? 3. Which song uses a pentatonic scale for the melody? 4. Which song uses a major (Ionian) mode in the melody and a Mixolydian mode in the chords? Challenge accepted! wordplay プロジェクト Gregory 2021.7.23

  • 皆さん、こんにちは!WORLD MUSICプロジェクトの渡辺です。 最初にWORLD MUSICのOpening作曲のお話を頂いた頃、 丁度世間は最初のコロナ緊急事態宣言が発令され、 学校が急になくなり 子供たちの生活も様子も変わっていった時期と記憶しています。 「普通の生活」ができなくなった中でも 楽しい気持ちになってもらえるよう、 笑ってもらえるように、 生きる喜びを感じてもらえるように、 そんな気持ちをこめたと思います。 それはコロナでなくても、ワールドミュージックのOPのみならず 関わらせて頂いたものはワールドミュージック全曲、wordplay全曲同様です。 聞いた人がどんな気持ちになっているか私には分かりませんが、 劇場で出演者やお客さんが笑顔になってくれたら大成功、と胸に刻んで この夏を楽しんでいきたいと思います。 お読み頂きありがとうございました! WORLD MUSIC プロジェクト 渡辺 2021.6.25

  • ”西向く侍”にあたる6月は、「31日」が存在しません。

    そうです、いよいよ…

    ====
    ■7月が始まりました!
    ■2021年下半期が始まります!
    ■東京五輪の開催月です!
    ■第17期終了まで残り3か月です!
    ★1年で1番好きな夏がきます!!
    ====

    時の流れが早すぎて事件です(゜▽゜)


    * * * * 

    余談を失礼いたしました。


    様々な”本番”が間近に迫る中、
    『ALICE IN Wonderland』も佳境を迎えております。

    今年で4年目(本編上演としては3年目)を迎えるALICEですが
    マネージャーとして全体を冷静に俯瞰する必要性を感じる一方で
    強い思い入れを拭えない部分もあり、
    最近は夢の中でもワンダーランドな日々を過ごしています。

    2018年に初演を迎えた『ALICE IN Wonderland』は
    2019年夏の東西3000人動員の実績を持って
    2020年の春に、東西TS1を中心にロングラン公演に挑戦する予定でした。

    しかし、本番を直前にしてやってきた自然の猛威に抗うことは出来ず
    全公演が中止。

    最後にもう一度ALICEで輝きたい、というメンバーの思いを昇華できないまま
    多くのメンバー達が中学生を卒業しました。

    あれから1年、ようやく迎えた現在は
    想像よりも過酷な環境が続いておりますが

    特に関東では、かれこれ7年間ほど
    共に成長する機会に多く立ち会ってきたメンバーたちが
    中学3年生になり、最後の夏公演を迎えようとしています。

    * * * * 

    先日は関西・中部のメンバーにも会いに行くことが出来
    普段は中々会うことが出来ないメンバー達の
    ALICEに傾ける情熱に直接触れ、さらに身が引き締まる思いでいた中

    一昨日、関東本公演のチケットが完売。

    たった46人で、436席を埋めるという快挙を達成
    関西本公演も、完売は目前な状況です。

    立ち止まる選択も可能ですが
    これまでの3年間が少しずつ膨らんできていることを糧に
    たった3年間しかない中学生メンバーの生涯記憶に刻まれる青春の為
    今は直向きに走り続けたい、と背中を後押しされる思いです。

    これまでにALICEを作り上げてきたメンバーの思いを背負って
    この夏、さらなる飛躍を遂げられるよう駆け抜けていきます。

    * * * * 


    「You are my one and only 」
    =「みんな一人一人、僕/私に欠かせない「仲間」なんだ」

    今年はオリジナルグッズのブルゾンも販売いたしました★


    皆様、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

  • みなさま おはようございます!
    wordplayプロジェクトの守屋です。

    2021年もあっという間に半分が終わり。。
    下半期に、夏に、突入しようとしています。

    すこし時間は経ちましたが先日、
    2年弱ぶりに有観客のバンドのライブに行きました。
    コロナ禍以前は、毎月ライブに行くほど
    私にとって欠かせない“リフレッシュタイム”だったのですが
    あっという間に 延期、中止、延期、中止、、

    そんな中で生まれたオンラインライブには
    本当に救われていました。
    最前列よりももっといい近くで
    演奏が聴けて観られる、
    オンラインならではの演出があったりと
    すごくすごく面白いのです…!

    それでも、
    あっもう20時過ぎたから下の階のばあちゃん寝てるな。。
    とか
    お隣さんに聞かれたら恥ずかしいな。。
    とか、、
    ライブの醍醐味である 大はしゃぎ!は、できず。
    もどかしさはありつつも、
    その良さを感じながら楽しんでいました。

    そんな中でついに!ついに…!
    生での演奏を聴ける日がやってきました。。
    楽しみで楽しみで仕方がなくて、
    前日はほとんど寝られませんでした。笑

    声は出せない、
    隣のひととは離れた席、
    けれど、
    生の音が心臓に響くこの感覚は
    本当に久しぶりで、
    ぽわーっと身体が熱くなりました…

    生モノのパワーはやっぱりすごい。

    ライブハウスに行って音楽を聴く、
    劇場に行って観劇をする、
    美術館に行って鑑賞をする、
    会いたい人には直接会いに行って話をする、

    手のひらの中でいろんなことが完結できる
    とっても便利な世の中ですが
    大切なことは見失わないように
    ひとつひとつ自分で考え、選択しながら過ごしていきたいです。

    まだまだ制限はある世の中ですが
    そんななかでも少しずつ
    自由が増えているという希望を胸に、
    その限られた自由の中で
    目一杯人生を楽しめたらと思っています。

    そしてついに!
    昨年からさまざまな形で携わらせていただいている
    『wordplay』初演のチケットが販売開始となります!
    子どもたちのはじけるほどの強いパワーを
    是非、劇場で感じていただけたら嬉しいです。

    YTJオリジナルミュージカル『wordplay』劇場チケットのご購入はこちら

    初演、というのは
    この先一生経験することのない
    宝物のような記憶になるはずです。
    私も今からとっても楽しみです。
    残りの約2ヶ月、噛み締めて過ごしたいと思います。

    最後までお読みいただきありがとうございました。


    wordplay プロジェクト
    守屋 2021.7.2

  • 先日、初めてWORLD MUSICでキャストオーディションに参加させていただきました。

    今回のアクティング課題はその場で発表。
    「演技は不向き」「スポットライト浴びるの苦手」の意識がある私は、
    その場で課題を聞いて自分で考えて大勢の前で芝居をする受験者を見ていて、
    正直に尊敬の念を覚えました。

    人前での演技やパフォーマンスは、YTJでも外でも当たり前に多くの方がやっていることなのですが
    「適材適所」という言葉があるように、私にとっては苦手な部類に入ることです。
    なのでそれらができるメンバーや皆様、私ができないスタジオスタッフの皆さんであったり、
    他部署の皆さんには、尊敬と感謝の念を忘れてはならないのだと
    最近傲慢になっていた私は再認識しました。

    <こういう時思い出す言葉>
    宮本亞門さん著の『上を向いて生きる』の一説
    【成長し続けたいなら 自信を持ちすぎず いつも謙虚に、フレッシュに。】


    一方、それと同時に忘れてはならないと思うことは「自分にあるものを数えること」です。
    「適材適所」なので当然私にも向いているものがあります。
    どの花が一番綺麗かを決められないように、例えその時のオーディションにご縁がなくても
    自分自身が否定されている訳ではない、ということを常に忘れてはなりません。

    <こういう時聞きたくなる曲>
    Superfly "Beautiful"


    「謙虚でありつつ、自分の長所はきちんと認識しつつ」
    座内オーディションでは他にも色々なことを今回学ばせて頂きましたが、
    特に印象に残ったことを書かせていただきました。

    挑戦、経験、失敗、成功、成長、挫折、復活、決断、
    様々なドラマが詰まった夏を楽しみにしています。

    ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


    WORLD MUSIC プロジェクト
    渡辺 2021.6.25

  • 皆さん、こんにちは!
    WORLD MUSICプロジェクトの松本です。

    先日、WORLD MUSICのキャスト2次選考が行われました!
    1次審査対応してくださったスタジオスタッフの皆さんをはじめ、
    審査に向けご協力くださった皆様、もちろん参加してくれたYTJメンバー、本当にありがとうございました!

    私も関西で司会兼審査員として入らせていただきましたが、
    どのメンバーも本当に一生懸命で、
    『キャストに選ばれたい!』
    という気持ちがすごく伝わってきました!

    今回の審査は歌唱と演技の審査で、演技課題については当日審査直前に発表し、即興力や表現力等を見させていただきました。

    そのお題の1つとして
    「え!まさか本当にこんなことが!!」というセリフから始める自由演技を、できる限り即興でしていくというものを行いました。
    きっと大人でも難しい課題ですよね、、考える時間を少し設け、いざ実践!

    スラスラ〜とセリフが出てくるメンバーもいれば、途中で止まってしまうメンバーもいたり、、私自身もすごく勉強になる審査になりました。
    結果はまだ先ですが、スタジオでオーディションに挑戦したメンバーに是非「どうだった?」と声をかけてあげてください!

    もちろん自信満々の子もいれば、うまくできず落ち込んでいる子もいるはずです。
    まずは、挑戦できたことを褒めてあげることが大切だと思っています。
    この挑戦は必ず続けてこそ意味があるよ、ということも伝えていただければと!!
    経験したことや学んだことをレッスンの中でシェアする時間も設けたいと思っています。

    ダンススキルや歌唱力、表現力に加えて演技力もまた大切な力になっていきます。
    私も小学校低学年クラスの子からもちょっとした演技指導をしてまして、、この機会に少し、皆様に共有いたします!

    その名も【テーマクロスフロア】。
    きっとすでにご存知の方もいらっしゃると思います!

    本当に簡単で、
    テーマを決めてクロスフロアのように1本の道の中でテーマを表現するというもので、例えば「冬」がテーマなら、雪合戦をする演技をしながら進んでいくというものです。
    しかしそこでどうメンバーに声をかけていくかがポイントで、
    『テーマを知らない人が見たときにそれが本当に伝わるかな?』ということをよく伝えます。

    それじゃ雪合戦かキャッチボールかどっちかわからないよ?
    雪合戦をしてるんだ、と見てる人に伝えるにはどういう工夫が必要かな??とメンバーに考える機会を作ります。
    こうすることで、メンバーは"伝える工夫"を自然にできるようになりました!

    話は戻りまして、この夏のミュージカルはただ公演を仕上げる、、ではなく、メンバーたちの成長に繋がるものになればいいなと感じます。
    私も同じように、この夏たくさん成長できるようがんばります!

    皆様、暑くなってきたのでお体には気をつけて、、楽しんでいきましょう!


    WORLD MUSIC プロジェクト
    松本 2021.6.18

  • Recently I had the chance to document YTJ members going to a professional studio and record Word Play tracks. The recording was scheduled from 10:00 - 20:00. I saw that the members came there around 9:30 and they were extremely excited about it.

    Once we got to the studio after a quick warm-up the sound recording engineer told the members that he is going to record each member separately. I could see from their faces that they were a bit shocked by that because they were expecting to record everything together.

    Once the recording started one by one member had to go into this soundproof room with all the doors closed. I could see the level of pressure but gradually they got used to it and started to have fun. While I was in the room and they were recording it didn't feel anything special but today Gregory-San showed me the tracks recorded in Kansai and said this what their final recording is gonna look like it simply amazed me. When it was recorded individually it was not that special but when the voices brought together it was simply beautiful. It is very much like when you just play one instrument in a band it might not feel that special but when all the instruments are brought together they bring music that makes everything different.

    I think that is why big companies and organizations are able to bring some amazing results when they work together by collaborating within their respective departments and also on the individual level. If we look at Apple, Sony, or other big companies the products that we get from a group of some amazing people working together to bring the best.

    At YTJ as we work in partnership and as a team, I am sure the final result is gonna mind-blowing. Let's continue to work as a team with our members to make "wordplay" a special work.

    Thanks

    **********************

    先日、YTJメンバーがプロのスタジオに行ってミュージカル『wordplay』の曲を録音する様子を撮影する機会がありました。
    収録時間は10:00~20:00の予定でした。メンバーは9:30頃にはスタジオに到着していて、とても楽しみにしていました。

    ウォーミングアップを終えてスタジオに入ると、録音エンジニアがメンバーに「これから各メンバーを別々に録音します」と言いました。
    メンバーの顔を見ると、一緒に録音されると思っていたので、少しショックを受けているようでした。

    録音が始まると、メンバーは一人ずつ扉の閉まった防音室に入ります。
    その時の子供たちのプレッシャーは相当なものだったと思いますが、徐々に慣れてきて楽しくなっていくメンバーたち。

    私が部屋にいて彼らが録音している間は、一般的な歌声のように思えましたが、
    今日、プロジェクトマネージャーであるグレゴリーさんが関西で録音したトラックを『彼らの最終的な録音はこんな感じになるよ!』と見せてくれて、私はとても驚きました。
    個々に録音されたものの声が一つになったとき、それはとても美しいものでした。
    それは、バンドで1つの楽器を演奏していても、特別感はないかもしれませんが、すべての楽器が集まったときには、すべてが異なる音楽になるのと同じです。

    だからこそ、大企業や組織は、それぞれの部署や個人レベルで協力し合うことで、素晴らしい結果をもたらすことができるのだと思います。
    アップルやソニーなどの大企業を見ても、素晴らしい人たちが協力して最高の製品を生み出しています。

    YTJでも、パートナーシップとチームワークを発揮すれば、きっと素晴らしい結果が得られるでしょう。
    これからも『wordplay』が特別な作品になるように、メンバーとのチームワークを大切にしましょう。

    ありがとうございました。


    wordplay プロジェクト
    Sharoon 2021.6.11

  • 皆様、いつもありがとうございます!
    YTJスタッフの中山です。

    最近、Paypayの利便性に気づき、使用し出したのですが
    財布を忘れるようになり、銀行でお金を降ろせず
    銀行の前で途方に暮れることが多くなりました。笑

    さて、有り難いことに、この夏上演されるWORLD MUSICのJapanの振り付けを
    担当させていただくことになりました。
    「日本の伝統を取り入れた面白いダンスにしよう!」と
    ソーラン節や日本舞踊などのYouTubeを見て
    日本ならではのものを何か生かせないか・・・と日々模索しておりますが
    その中で、「あ、自分狂言やってたな」とふと思い出しました。

    狂言とは、昔の人の生活を言葉やしぐさによって表現したセリフ劇ですが
    (昔の吉本新喜劇みたいなものです!)
    実は、小学1年生からお父さんに連れられて狂言を習い始め
    なんだかんだで高校1年生まで続けていました。
    意味もわからずやり始めましたが、最後には免状(免許)までもらえるまでになり
    歌手の倉木麻衣さんの前座として、学校で狂言をさせていただいたのはとても良い思い出です。

    その後、諸々あって辞めてしまったのですが、
    今でもその経験は生かされているなーと感じることが多々あります。
    「姿勢が綺麗だね」と言われたり、本が好きだったり、古文を読むことが得意だったり・・・
    何より、ダンスに興味をもったのは、小さい頃からエンターテイメントの世界にいたからだろうな・・・と思っています。

    そう思うと意味がわからず始めた狂言が自分の人生に大きく
    関係しているなと改めて感じています。
    昔経験してきたことが、10年以上たった今も体の一部になっているんだなと。

    これから、夏のミュージカルに向けてたくさんのYTJメンバーが色々な経験をしていきます。
    オーディションであったり、リハーサルであったり・・大変な思いもするかもしれません。
    ただ、経験をすることによって得たものが人生を変えることになるかもしれません!
    みんなでたくさんの経験をしていくYTJメンバーたちを応援していきましょう!
    そして、「あの時やっときゃよかった」とならないようにたくさん挑戦・経験させてあげたいと思います!

    以上です。
    最後までお読みいただきありがとうございました!


    WORLD MUSIC プロジェクト
    中山 2021.6.7

  • 5月30日(日)、JYDF2021全国大会が終了しました!
    皆さん本当にありがとうございました。

    去年のJYDFはオンライン大会となり、
    EVEもオンラインでの開催だったため、
    2年ぶりに全国の出場者が集まり、
    パフォーマンスが生で見れて、
    とても素敵な1日でした。

    また、私自身も全国のスタッフと共に本番運営をし、
    一瞬で一日が過ぎてしまったくらい
    大変さもありましたが、すごく楽しかったです。

    私は外回りの担当だったため、
    お客様の対応、エキシビション出場者の対応がメインでしたが、
    本番ならではの素敵なシーンを
    たくさん見ることができました。

    ・開場時、ワクワクしながら館内に入るお客様、
    ・これを忘れたので渡してくださいと飲み物を持ってくる保護者の方、
    ・待機中に本番の演目をホワイエのモニターで
    真剣に見入るエキシビション出場者、
    ・スタッフに”静かにしましょう!”と注意されながらも
    どのエリアのメンバーのパフォーマンスでも
    思わず拍手をしてしまう出場者、
    ・解散時、保護者と抱き合い悔しくて涙する出場者、
    ・またその姿を見て一緒に涙する保護者の方、
    ・入賞者に”おめでとう”と声を掛ける出場者、
    ・最後親子であいさつに来て
    私の方が緊張しましたというお母様などなど、、、
    イベント本番は本当に、ドラマチックな場面がたくさんあります。

    どれも素敵な瞬間で、
    その一瞬一瞬が本当に大好きで、
    本番っていいな~っていつも思います。
    そしてまた、舞台に立つ皆さんに
    パワーをもらい私もまた明日から頑張ろう!!
    といつも思います。

    ついに6月、梅雨の時期で
    どんよりした気持で朝を迎える日が多くなりそうですが、 次は夏の公演に向けて、また皆さん頑張りましょう!

    オンラインチケットにて、
    JYDF全国大会の映像を見れますので、
    皆様ぜひメンバーたちの頑張りをご覧ください。


    2021.6.4
    Japan Youth Dance Festival 2021 プロジェクト
    佐久間

  • 夏クールが始まり、早1ヶ月。
    YTJ3ミュージカルのオーディション要項が出たことで、メンバー達はより一層、
    公演に向けてのモチベーションも上がっているかと思います。

    スタジオの受付で、保護者の方から、
    「家で1日中、WORLD MUSICのオープニング曲が流れてます」
    や、中学生メンバーから
    「ALICEのオーディションに向けて、アクティングのアドバイスください!」
    など、メンバー達が自宅でもすっごく頑張っている様子を聞く中で、
    彼らの想いが叶うよう、沢山サポートしていきたい、と感じる今日この頃です。

    今日は、とある選抜クラスメンバー達の素敵な才能をお伝えします。
    今回、wordplayに初めて参加するメンバーが多かったため、
    夏クール初回のレッスン時に、キャラクターの簡単な紹介をしました。
    そのうえで、GWの休講期間を使って、1人1~2つのキャラクターのカルテ作成を行いました。

    ここでのお題は、
    「今知らされているキャラクターにとらわれず、自分だったらどんなキャラクターをイメージする?」
    です。

    GW明けに、メンバーにみせてもらったキャラクターカルテは、
    非常に細かく文字も絵も描かれており、
    (全て英語で書いてくれたメンバーもおりました!)
    プレゼンテーションの際に、
    「すっごく素敵!!!」
    となるキャラクターばかりで、
    聞いて、見て、キュンキュンします!

    GW中、昨年のwordplayの動画を見たり、
    自分の作るカルテ以外のキャラクターのデータを沢山読んで、
    1つ1つのキャラクターのイメージを膨らませてくれたことがわかり、
    wordplayをむちゃくちゃ楽しみにしてくれているんだな、と実感しました。

    個々で持っているのはもったいないな、
    26キャラクター全てを、メンバー・保護者とシェアしたいな、
    と感じましたので、
    本のようにしてラウンジに掲示しております。

    YTJのオリジナルミュージカルは、
    スタッフが土台を作った上に、
    メンバーの無限の想像力が加わり完成する、
    正にみんなで創り上げるミュージカルですね。

    今年の夏、素敵な公演が各地で上演されるよう、
    楽しんで作品作りに関わっていきたいですね!



    wordplay プロジェクト
    藤村 2021.5.28

  • あるとき、拍手ってなにか発祥や、意味、効果とかあるのかな、と
    ふと興味が沸いたので調べてみました。
    変な興味です。笑

    「拍手」と検索してみると、Wikipediaには
    「拍手(はくしゅ)は、興行等において感動を表現するため両手で叩くこと。」
    と書かれていました。

    …ん?興行…!?

    何気に調べてみたことに、私にとって身近な興行というワードが出てきて驚きました。
    (ちなみに…
    興行(こうぎょう)とは芝居やコンサート、スポーツイベントにおいて、鑑賞、観戦を主な目的とした観客を集めることを目的とした催事を指す。)

    こちらもWikipediaからの引用になるのですが、
    「拍手が成立するためには、2つの条件が必要で、
    ひとつは手が自由に使えること、もうひとつは、
    手を叩くという行為に何らかの意味を持たせることが出来ることであり、(中略)
    人間の場合の拍手は、更に手を叩くことにより賞賛・賛意・歓迎・喚起・感激・感謝
    といった感情を伝えることにある。」
    そうです!!

    確かに意味もなく拍手することってないよなぁと思う一方で、
    拍手は感情表現なんだと改めて認識しました。

    思えば、昨今の感染症の影響で、
    興行は異様なまでに様変わりしました。

    これまでは劇場に行くと、
    パンフレットを見ながら作品について話したり、
    カーテンコールで演者さんに投げかける歓声、
    終演後には、抑えきれない感動を共有したり、と
    様々な声が溢れていました。
    スポーツの試合だと、選手のナイスプレイがあると
    わああああ!!!って歓声があがりますよね!

    ですが、いまでは感染防止のため会場内では会話禁止。
    応援は拍手でお願いします、というアナウンス。
    1度目の緊急事態宣言が明けた後に観劇に行った際、
    全く会話が聞こえてこない異様な光景が強く印象に残っています。

    なんだか寂しいなと思っていましたが、
    こんな状況でも「拍手」があることで感動や感謝を伝えられることは
    素敵なことですね…!!
    俳優さんのSNSでも、拍手ありがとうございます!届いてます!
    というメッセージをよく見かけます。

    もしこの世界に拍手がなかったら…
    新たなジェスチャーみたいな表現が生まれるのでしょうか…。笑

    さて、5月30日には、JYDF全国大会が開催されます!
    様々な制限がある中ではありますが、
    盛大な「拍手」で出場者を応援し、大会を盛り上げましょう!!

    以上です。
    お読みいただきありがとうございました!


    2021.5.21 Japan Youth Dance Festival 2021 プロジェクト
    大野

  • 先日、約1年ぶりにとある舞台で踊らせていただく機会がありました!
    私自身本当に久しぶりに舞台に立って踊り、いつもYTJメンバーを見ながら心の中でいいなぁ、、と思っていたぶん本当に楽しませていただきました。

    わかっていたつもりではありましたが、実際YTJで舞台の準備や設営、運営としている中で、こんなにもたくさんの人が舞台の成功のために頑張っているんだなと改めて感じていました。
    そんな中立った舞台は本当に特別で、感謝の気持ちをこめて踊らせていただきました。

    メンバーにとって1つ1つの舞台が最高の思い出になるように私たちは全力を尽くしていきたいです!こんな私たちの全力がメンバーに伝わればいいなと感じます!


    さて!今年の夏にはYTJのミュージカルが!私はWORLD MUSICプロジェクトのサブマネージャーをさせていただいております!
    まだまだ未熟者ですがこのミュージカルが全世界に届く作品になるよう素敵なものにしていきます!
    この夏WORLDは「1000人が楽しめるミュージカル」を目指しています!

    1人1人がこの舞台で表現する楽しさを知ってもらうことで、このミュージカルがたくさんの人に愛されるものになっていってほしいなと感じます。

    出演メンバーには、『舞台を通じて自分がどうなりたいか』『何を伝えたいか』についてディスカッション重ね、
    今夏はよりパワーアップした『WORLD MUSIC』をお届けします!


    WORLD MUSIC プロジェクト
    松本 2021.5.14

  • 皆さんは2021年のJYDF、どう感じましたか?
    熱いおもいがぶつかり合い、たくさんのドラマがあるJYDF。

    私にとっては、、、
    懐かしさもあり、これまでと違った視点でみることのできた期間でした。


    頂点を目指し、絶対に妥協はせず、全力で楽しんで輝く姿を見せ続けてくれた出演メンバー。
    嬉しさ、悔しさ、その全てが青春で、表現すること、できることの素晴らしさを伝えたいと、今は出場する側から、メンバーを送り出す側に。

    PKやCの頃、初めて見たJYDF。
    そこで輝いていた先輩に憧れ、背中を追いかけ、いつか自分もあの舞台で輝く!、と何度くじけそうになっても目指すものがあったからこそ勝ち抜いた。


    2020年の夏クール始まり。
    新たな仲間とのスタートはオンラインレッスン。
    直接会ったり、駅までの行きかえりの会話、ラウンジで他愛もないお話をすることもなく、モニター越しに顔を合わせる日々。
    そんな状況下でも、何があってもYTJで絶対に会えると新たな仲間との絆を同じ目標を通して築き上げたメンバー達。

    メンバー達のこの一年間の葛藤や喜び、感情が作品となった今回のJYDF。
    チームのストーリーをパフォーマンスにすることで、与えられるだけではなく自ら考え表現をしたり、チームで話し合う時間も多く、これまでよりも作品と向き合う時間や作品を作り上げる学びがたくさんあったように感じます。

    予選前の最終リハーサルでは、かつてスタジオをリードしていたメンバーだったスタッフの背中越しに、年中・年長だった成長したメンバーのパフォーマンスをみて、何とも言えない感情がこみ上げ涙してしまいました。
    魂がしっかりと受け継がれている空間とも感じ、感動の時間でした。

    今回の作品、
    「YTJが自分たちのホーム、チームみんなが帰ってくる場所。困難な状況でも絶対に仲間のもとに戻り、集まるんだ。」
    というストーリーに合わせたかのように再度、緊急事態宣言による全国大会延期。
    一か月というブランクがあっても絆は絶対に崩れず、心は一つという強さを見せてくれるとパフォーマンスを通して確信しています。

    2021年のJYDF、みなさんは何を感じましたか?


    2021.5.10 Japan Youth Dance Festival 2021 プロジェクト
    寳珠山

  • 『WORLD MUSIC』は、YTJに所属する小学生高学年で構成される、YTJのオリジナルミュージカルです!

    そして特別選抜クラスの中学生と、YTJプロメンバーの登場による共演、それによってこの物語は完成します。

    この物語が、世界の様々な地域の人々とのオンライン上のコミュニケーションを通じ、文化的多様性への理解を深め、
    劇中の出会いの中から人間的、社会的包容力を形成していく姿を描いています。

    実はただいま絶賛、新脚本の制作中です!

    その完成を楽しみにしているひとりです!

    「好きなものに没頭できる力」「夢中力」を養うことがどれだけ尊く、子どもたちの未来を切り拓く力となるか、
    大人たちにとっても、いつしか忙しい日常に忘れかけた本当に大切な何かを発見する・・・どんなミュージカルなるのか?

    実はテーマも、クリエイティブ・コンセプトも、全貌はいまだベールの中!

    もう少しで皆さんに公開できることでしょう!


    YTJから世界へ、

    子どもたちが一番輝くミュージカルを届けたい!!


    今年も一年でいちばん楽しみな夏が来ます。

    『最高の夏!』
    を更新していきましょう!


    🌎どうぞよろしくお願いします!!🌎

    WORLD MUSIC プロジェクト
    町田 2021.4.28

  • 皆さん、「ファンタジー」というジャンルと言えばどんな作品を思いつきますか?
    ハリーポッター?ジブリの話?ゲームブスローンズ?

    多くの映画と本が出てくるかなと思いますが、
    では、ファンタジージャンルのミュージカルと言えばどんなものが思いつきますか?
    僕は『ファンタジー』と『ミュージカル』、どちらも両方好きなので、
    ファンタジーミュージカルがあるのかを考えていました。

    まず、ファンタジーとはなんでしょうか?
    僕の個人的に意見ではありますが、
    ファンタジーには、3つのことが必要だと僕が思います。
    (1)私たちの世界と別世界で起こる話
    (2)魔法がどこかにある
    (3)何となく懐かしさか歴史的な雰囲気がある

    有名なミュージカルといえば、「レミゼラブル」ですね。
    歴史的な懐かしさがありますけど、魔法がないです。
    また別世界ではなくて、絶対に私たちの世界で起こっているので、
    ファンタジーではありません。

    では、「オペラ座の怪人」はどうですか?
    レミゼと違って、オペラ座の怪人には魔法があるかもしれないです。
    私たちの世界にないところ(パリのオペラ座の下の洞窟)もありますので、
    ファンタジーと言われるかもしれないですが、
    話の大半が実際に存在している街のパリに起こるので、
    別世界と言えるかどうかもは難しく、曖昧ですよね。

    では、ディズニーのミュージカルはどうですか?
    例えば、「アナと雪の女王」には魔法が絶対にあって、
    私たちの世界と絶対に別世界で、歴史的な感じもありますので、
    絶対にファンタジーです!
    しかし、最初に映画が上映していました。
    そして、映画からミュージカルになりました。

    では、有名なミュージカルの中に、オリジナルファンタジーミュージカルってあるのでしょうか?
    つまり、本や伝説や映画からミュージカルになった作品ではなくて、
    ミュージカルとして生まれたファンタジーのストーリーは存在していますか?


    実は、存在しています。

    トニー賞を受けたAnaïs Mitchellの「Hadestown」です。
    Hadestownは「アナと雪の女王」と「オペラ座の怪人」と違って、
    ヨーロッパの歴史の雰囲気ではなくて、アメリカの歴史の雰囲気に基づいています。
    さらに、ギリシャの伝説がアメリカの歴史の雰囲気と混ざっています。
    とにかく、魔法があります。
    私たちの世界と別世界です(Hadestownという場所が私たちの世界にないですね)。
    アメリカとギリシャの歴史っぽさ、懐かしさもあります。

    では、僕の話の目的はそもそもなんだったのか・・・

    もう1つのオリジナルコンセプトのファンタジーミュージカルがあります。

    なんでしょう?
    思いつきますか?
    皆様が絶対にご存知のミュージカルです。

    It's
    .
    .
    .
    .
    wordplay
    です!!!

    別世界が舞台ですか?
    はい。「Crystal City」など、この世界に実際にありますか?

    魔法がありますか?はい。
    Aが自分の名前を忘れた原因は、魔法の呪いです。

    懐かしさとか歴史的さがありますか?
    そうじゃないかと思います。
    背景や絵を確認したら、歴史的な雰囲気の場所が多いです。


    子供たちがHarry Potterやジブリを楽しむことと同じように、
    wordplayを楽しんでもらうように素晴らしい作品にしたいです。

    それはメンバー、保護者の皆さん、スタッフの皆さんのご協力がないとできないことですので、
    一緒に、オリジナルコンセプトのファンタジーミュージカルを作り上げませんか?


    また、他の素敵なオリジナルファンタジーミュージカルをご存知の方がいらっしゃったら、
    ぜひ僕に教えてください!


    wordplay プロジェクト
    Gregory 2021.4.23

  • 相変わらず観劇大好き、大野です。笑 今月は2本観劇予定で、先日は梅芸にてマリーアントワネットを観てきました! このミュージカルは、2018年に公演していたときに、 東京と大阪で計3公演観劇し、DVDも買ってお家でも観劇し、 何度も観ている作品なのですが… 泣きました。笑 前回とキャストが変わっている、フランス革命の時代でストーリーが重い、 ということもあるのですが、 やはり、何度観ても感動できるって素晴らしいですよね…! 幕が開いて1曲目で鳥肌立ちまくり、2幕ではボロボロです。 演出がそうさせるのか、私がただのオタクだからなのか… 私の場合は1回で話を理解したり、歌詞を聴きとることが苦手なので、 あとから観劇した人の考察を読んで理解を深めたり、 何度も曲を聞いて、こういうことを歌っていたのか! という発見をしています。 それから再度観劇すると、また違った見え方があり、さらに感動できます。 YTJの公演でも、何度見ても感動できるような作品を お届けできるように、日々精進してまいります! 以上です。 お読みいただきありがとうございました!

  • YTJスタッフの渡辺です。

    JYDFが全国でメラメラと盛り上がる昨今、
    その魂の叫びを夏のミュージカルや各クラスアウトプットへ繋げていけるよう、
    今回は夏ミュージカルについて少しお話したいと思います。


    YTJ今夏上演予定のミュージカルは全3本。


    【wordplay】
    【WORLD MUSIC】
    【ALICE IN Wonderland】


    昨年度コロナの影響で秋に特別バージョンで上演された3つのYTJオリジナルミュージカルが、
    今年各々がパワーアップをして各エリアにて夏、上演されます!


    さてこの3本のミュージカル、
    出演者の年齢が低い順に書きましたが
    各ミュージカルタイトルの違い、
    皆様ご存知でしたでしょうか?


    【wordplay】→全部小文字!
    【WORLD MUSIC】→全部大文字!
    【ALICE IN Wonderland】→大文字と小文字のmix!


    よく見るとYTJスタジオに掲示しているポスターや公式サイトも
    全て小文字や大文字が上記の通りになっているので、
    是非スタジオや各公式サイトでこのYTJトリビアを確認してみてくださいね。


    JYDFで魂で吠えた後は熱い夏に向けて、
    私たちもメンバーと共にその情熱を燃やし続けていきたいと思ってます。

    ミュージカルに出演しないクラスのYTJメンバーにも、
    またミュージカルに出演するクラスのYTJメンバーにも
    いずれ自分たちが出るであろう各ミュージカルを是非観て欲しいです。

    勿論メンバー以外にも、たくさんの方に観て頂きたい3ミュージカル、
    JYDFを控えるYTJメンバーたちにも「その後は夏だ・・・!」と
    楽しみにしてもらいたいです。


    Youth Theatre Japan スタッフ 渡辺

  • 1月にコラム「『地域イベント』1年越しの外部イベント撮影本番を迎えます!」でご紹介したイベント「平和の燈火(あかり)」について、遂に先週よりYTJのパフォーマンス作品の配信が始まりました。
    15分間の中にスピーチ・ダンス・歌とYTJの魅力を沢山詰め込みましたので、皆さまにも是非ご視聴頂きたいと思います! 全国(全世界)から簡単に本番を鑑賞できる事がオンラインならではの良さですよね!



    今回撮影場所として、枚方スタジオ正面にある公園を使わせて頂きました。
    この公園は、枚方市が管理しており、遊具だけでなく、立派なステージも設備されています。
    コロナ前は毎週のように様々なイベントが開かれていました。
    私は地元が枚方で、バリバリの枚方市民なので、小さい頃からよくこの公園で実施されているイベントやステージパフォーマンスを観て、育ってきました。
    高校生の時には、夏に行われる「ダンスコンテスト」にどうしても参加したくて、必死で枚方市民権を持った友人たちにに声を掛けたり・・

    このように個人的に色々と思い入れのある場所でしたので、大人になった今、仕事で自身が先陣を切って、イベントを企画できるという事が、本当に感慨深いものでした。
    少しは、自分の育った街に貢献できたかなと思っています。

    今はコロナでイベントの実施は難しいですが、地域社会に貢献することがYTJの活動意義でもあるので、今後も積極的に外部イベントに出演していきたいと思います!

    Youth Theatre Japan スタッフ 有岡

  • メディア事業本部の川瀬です。

    本日はこの場をお借りして
    溢れ出る感謝の気持ちを
    お伝えしたいと考えております。

    =======


    昨年9月末より起案を進めていた
    クラファンプロジェクト第一弾
    『ALICE IN Wonderland
    パリ公演への挑戦』が
    先週末に公開期間終了いたしました。

    結果として・・

    世界最大の日本文化の祭典 Japan Expo 出演を夢見る中学生劇団員を応援!

    支援者数『328名』
    支援総額『¥5,007,000』
    目標達成率『125%』

    無事、目標達成いたしました。

    =======

    戦略開発室オンライン事業の一環として
    主催公演プロジェクト連動型で立案し
    前途多難な準備期間でありましたが、

    座内の情報発信や拠出金確保に
    惜しみなくご協力いただいた
    YTJスタッフの皆さま、

    支援者との繋がりを絶やさないよう
    コンテンツを開発し続けてくれた
    プロジェクトチーム・YTJメンバー、

    皆さまのご尽力のおかげで
    さらなる高みの目標挑戦の
    スタートラインに立つこと叶いました。

    深く深く深く
    心からの感謝を申し上げます。
    本当に、ありがとうございました!

    =======

    進路決定という人生の重大な岐路に立つ
    中学生のYTJメンバーにとって
    日々の活動と将来のキャリアの直結は
    必要不可欠。

    今回、特に各種の告知映像に
    出演協力をしてくれたメンバーが
    将来、人生のあらゆる場面で

    『中学生時代に所属していた劇団で
    海外公演実現のためにクラファン実施し
    500万の資金調達に成功しました。』

    という実績を活用し、
    高い評価と厚い信頼を得る
    きっかけを作ることができるとすれば、
    プロジェクト一同、冥利に尽きます。

    =======

    そして、
    クラウドファンディングの本質は
    『資金調達』を包摂した
    『信用の可視化』であり、
    コミュニティ形成型ビジネスの
    核でもあります。

    本企画成立はあくまでも
    メルクマールと捉え、
    今後さらなる
    トライアル&エラーを積み重ねながら、
    YTJ支援者コミュニティの増強に
    貢献してまいります。

    以上、重ねまして、
    皆さまのご支援・ご配慮・ご尽力、
    本当にありがとうございました!!


    川瀬 2021.3.1

  • 遠くに感じていた春の陽気が
    すぐ側に感じられる日々が増えてきました!
    (めでたく花粉とともに!涙)

    かと思えば、身体を劈くような寒さも
    どっしり構えており

    夏が近づいていること
    まだ冬を感じていられること

    相反する2つの嬉しさに
    毎日が充実していることを実感するこの頃です

    * * * * * * * * *

    先日、YTJオリジナルミュージカル「ALICE IN Wonderland」の
    オンライン説明会に参加させていただきました!

    「何度も会場で見ました!」というコアなファンもいれば
    「そもそもどんな企画ですか…!」という方も多く参加している状況で
    ALICE IN Wonderlandについて、様々語る時間となり
    自然と溢れ出す言葉や想いの数々に、自分でも驚きながら
    素敵な企画に携わらせていただいていることに
    改めて感謝の気持ちでいっぱいになる、
    優しい時間を過ごすことが出来ました。

    * * * * * * * * *

    YTJのALICE IN Wonderlandは、昨年春のロングラン公演を皮切りに
    全力疾走で3年目の夏を迎える予定でした。

    しかし、新型コロナウイルスの影響を受け
    予定していた公演は、東西共に全て中止。
    代打案を実施することもかなわず、
    最後の晴れ舞台を迎えることが無いまま
    多くのメンバー達が卒業をしていきました。

    このまま、限られた貴重な青春を
    コロナで終わらせたくないという思いから
    数えきれないほどのワクワクを抱えて
    新しい夢と目標に向かい
    プロジェクトが再始動をいたしました。

    『ALICE IN Wonderland』クラウドファンディング始動!

    * * * * * * * * *

    ALICEの醍醐味のひとつは
    「子供たちに秘められた際限ない可能性を、際限なく引き出せる仕掛けに溢れていること」

    思い返して、思い浮かぶのは、やはりメンバー達の成長の瞬間です。


    中1の時にはブカブカで引きずりまくっていた衣装が
    いつの間にか、丁度よいサイズになっていたり…

    歌だけはどうしても苦手意識から抜け出せたなかったメンバーが
    3年目にはキャストとしてソロの歌唱を任されていたり…

    絶賛思春期で何を話しかけてもそっけなかったメンバーが
    翌年にはカンパニーを率いるリーダーになっていたり…

    1期生として活動してきたメンバーが
    座長として花を咲かせたり…

    普段はお調子者な一面が多い男子メンバー達が
    演目の最後に開く本にサプライズでメッセージを仕掛けて
    涙のフィナーレを迎えたり…

    心身共に大人になっていく過程や瞬間を
    何度も何度も目の当たりにしてきました。

    メンバー達の背中を傍らから観ていると
    語りつくせないほどの成長に溢れていることに気付かされます。


    * * * * * * * * *


    クラウドファンディングは、残すところあと3日。
    現時点で目標達成度は「87%」
    文字通りラストスパートです。

    コメント欄に積み重なる応援メッセージの数々に
    心暖まっています。

    ”中学生×エンターテイメント”で
    ”ニッポンイチ!”から”セカイイチ!”を目指せるよう
    この夏もALICE IN Wonderlandを
    盛り上げていきます!

    本編を無事劇場で上演できる日を迎えた際には
    皆さまぜひ、会場までお越しください!

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


    榊 2021.2.19

  • 皆様、YTJにYouTubeチャンネルがあることはご存知ですか?

    もちろん、ご存知ですよね♪

    なんと!
    YTJのYouTubeで、
    2月より毎週!
    YTJオリジナルの様々な企画の動画がアップされます!

    今後配信を予定している動画の
    一部ラインナップをご紹介いたします!

    <公開スタートコンテンツ>

    2月|February
    【マンガMonday】シリーズ
    ベルギー出身コミックアーティスト
    Sam De Belderが手書きでお送りする"動く"マンガ!
    YTJの活動コンセプトを通じて、
    ちょっと“タメ”になる「考え方」をご紹介!

    【おつまみだんす】シリーズ
    お仕事・学校終わり・ちょっとした すきま時間
    「あ、ダンスしたいな」そう思った方に
    “つまむ”程度で楽しんでいただきたい
    ダンスの振付動画となっております!
    座ったままできるダンスから全身を使うダンス、
    様々な“メニュー”をご用意しております。
    どうぞ召し上がれ ♪

    3月|March
    【Sweaty Saturday with HULA】シリーズ
    アロハ ♪
    ハワイ出身のTeahi (テアヒ)による
    「フラダンス」を通じて、
    物語を語り、振付のレクチャーを受けて、
    「一緒に踊って汗をかこう!!!」

    【天才GregoryのYTJ Playhouse】シリーズ
    「こんにちは!若い役者たち!」
    “天才”Gregory (グレゴリー)がお送りする
    英語と日本語のお芝居・演技レクチャー動画!
    「2人」のGregoryがお送りする
    クスッと笑っちゃうけど、とってもタメになる
    Playhouse をどうぞお楽しみください。

    4月|April
    【Tap・Tip・Talk Time with Sterling】シリーズ
    アメリカ出身(関西弁も話しちゃう)の
    Sterling (スターリング)がお送りする
    Tap:タップダンスのレクチャー!
    Tip:あなたの人生にタメになる「ヒント」をご紹介!
    Talk:海外アーティストをゲストとして招くトークショー!

    この他にも単発の企画からシリーズものの企画、
    YouTube上でアップしていきますので、
    どうぞお見逃しなく!Don't Miss It ♪

    こんな時だからこそ!!
    クリエイティブさを燃やし、
    多くの子供たち・若者たち・大人たちへ
    ワクワクするコンテンツを発信していきたい!!

    そんな想いで、日々制作しております!

    YTJのYouTubeを通して、
    皆様の日常が
    更に明るく・ワクワクするものになればいいなと願っております。

    また現在、クラウドファンディングに挑戦中です!
    wordplayのプロジェクトでは
    新人プロデューサー守屋による
    キャラクター紹介や製作陣のインタビュー記事などが
    毎日アップされています!

    ALICE IN Wonderlandのプロジェクトでは、
    「#リハレポ」「#ボクたちの宣誓!」「#ガヤENGLISH」など、
    YTJ中学生メンバー出演の動画を毎日投稿しております!
    みんなとっても輝いています!!
    ぜひご覧ください!

    引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

    おっと!
    それからそれから、

    YTJ の YouTube
    「チャンネル登録」よろしくお願いしますね ♪

    詳しくはこちらから↓
    ▼YouTubeチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UC0TlCaTXrCu9aIpcit-w--g

    ▼クラウドファンディング
    <ALICE>
    https://camp-fire.jp/projects/330972/activities#menu
    <wordplay>
    https://camp-fire.jp/projects/331008/activities#menu

    ご拝読いただきありがとうございました!


    常にワクワク!
    Be Creative!Be Greater!

    足立 2021.2.12

  • 年明けぐらいから、wordplayの絵本を出版するために、
    クラウドファンディングに取り組み始めました。

    今まで、38人が支援してくださって、150万円を超えました。
    正直というと、目標を期間内に到達するかどうかわかりませんが、
    到達しなくても、これまでのサポートをいただいたのは本当に
    僕が信じられないほど、感謝と謙虚のすごくいっぱいの経験です。

    僕は学生の頃、$0の予算で劇を作りました。
    パフォーマンスの直前に、大学から$15(〜1600円)ぐらいをいただきました。
    その$15と無料な資源を使って、劇を150人ぐらいの前に実施して、
    それ以上500人以上が見ていたTEDxの公演もしました。

    どうすれば10人ぐらいの20歳の人たちは500人以上が見るTEDx公演の作成までできますか?
    上手さだけではないと思います。
    上手なところがありましたけど、やっぱり、今、劇を振り返ると下手なところもありました。

    努力が絶対に必要でしたけど、それだけではないと思います。
    努力しても、大きい結果にならないことも残念ながら、世の中にあります。
    価値と意味があるものを目指していて(数人でも)その価値と意味が認めれらたということも大事だと思います。
    その劇とTEDx公演の場合、人種差別とそれを解決するための行動についての劇でした。
    キャストには、黒人、白人、日本人、スペイン人、パレスチナ人などもいました。

    その$15の予算の公演の6年間後、僕が貢献しているプロジェクトが150万円以上の支援を
    3週間ぐらい以内にいただくことは個人的に大ショックです。
    僕は予算なしで芸術を作ることに慣れています。(笑)

    なぜこのようなサポートを頂いたかというと、いろんな理由があると思いますが、
    価値と意味があるものを目指していて(数人でも)その価値と意味が認めれらているという理由
    もあるのではないだろうかと思います。

    支援者のコメントを見ると、以下の言葉もあります:
    「こどもたちの英語への意識が「学ぶもの」から「楽しむもの」に変わる」
    「違いを受け入れる心を育てる」
    「子供が絵本を見て笑顔になる」
    「いい思い出になる」


    「Anything is possible together」というコメントも支援者からいただきました。

    クラウドファンディングにも、wordplayのプロジェクトの全体にも、
    全ての事業にも適用することだなーと思いました。
    学生時代の頃に劇を作った時、予算がなくても、多くの人の協力がとても必要でした。
    絵本を出版するため、どうしても予算が必要ですが、それは多くの人の協力のおかげで現れているところです。

    多くの人々が同じ意味と価値があるものを目指して、絶え間なく努力したら、
    本人にもショックになるほど遠くまで行けるのではないかと思います。
    チームで協力したら、やるべきことをやり抜けます。


    wordplayクラウドファンディングでは、
    新人プロデューサー守屋によるキャラクター紹介や製作陣のインタビュー記事などが毎日アップされています。
    ぜひご覧いただき、ご支援を検討中の方がいらっしゃいましたら終了間際を待たずにご支援をいただけますと大変ありがたく思います。

    ▼クラウドファンディングページをチェック!
    日本中のこどもたちに読んでほしい!「アルファベットミュージカル」のオリジナル絵本


    wordplay プロジェクト
    Gregory 2021.2.5

  • 1月23日に、『平和の燈火』という地域イベントの撮影をいたしました!

    前日は1年越しの外部イベント本番当日という所で、天気予報と睨めっこ・・・


    YTJでは、毎年3月に枚方市が行っている『平和の燈火』という外部イベントに出演させて頂いております。

    ちょうど1年前の今頃は、枚方スタジオマネージャーとして、初めて外部イベントを担当させて頂きました。
    4スタジオが合同で出るイベントですので、準備する事が沢山ありましたが、それもひと通り終わり、残すは直リハと本番という所で、コロナ感染症により、当然ながらイベントも中止になってしまいました。

    本当にこればかりは仕方ないと思いつつも、多くの時間を費やして入念に準備してきたので、とても残念でした。

    今回はイベント自体も初の試みで、生ライブではなく、映像配信型の実施になります。
    今年も有難いことに出演オファーを頂き、10月頃から準備を進めました。
    1年前に準備した資料や台本があったので、今回はとてもスムーズに進めることができ、去年やった事は決して無駄ではなかった!と思いました。

    素晴らしい映像作品にまとめられるように、関西YTJスタッフと力を合わせて頑張りました!

    イベントの動画は3月頃に動画が配信されます。良かったらご視聴ください!(写真は手話で歌う曲を教え合っているシーンです)



    Youth Theatre Japan スタッフ 有岡

  • "Welcome to じゃぱんだーらんど!"

    みなさん!
    もうALICEのクラウドファンディングのページは
    ご覧いただけましたでしょうか?

    https://camp-fire.jp/projects/330972/activities#menu

    常日頃から温かい応援をいただいております。
    本当にありがとうございます!!

    クラウドファンディングが公開されてから、
    現在、ページの「活動報告」というところで
    YTJ中学生メンバーによる
    ALICE IN Wonderland Special
    「#アリスペ」が投稿されています!

    第一弾として、

    「忙しい人のための1分でわかる
    クラウドファンディング
    プロジェクト紹介!」

    を投稿中です!

    ページ本文に記載されている内容を、
    各項目ごとに 1分 で
    YTJ中学生メンバー が、
    紹介をしています。

    みんなの魅力!勢い!が
    たくさん詰まった 1分 になっていますので、
    まだ見てないよー!
    ちょっと見たよー!
    もう何度も見たいよー!
    という方は、
    ぜひぜひご覧ください!!

    「パリ公演」目標達成に向けて、
    そして その更なる先まで!
    この軌跡から得られる
    「一生心に残る
    最高の一瞬」に、
    メンバー と共に、
    保護者の皆さん と共に、
    このプロジェクトに関わる
    全ての人たちと共に、
    出逢えるように
    一緒に走り続けていきたいです!

    これからもメンバーの様子や新企画などを
    「活動報告」でアップしていく予定なので、
    お見逃しなく!!

    ご拝読いただきまして
    ありがとうございました!

    よぉ〜ぽん♪

  • 2021年1月11日(月)に、English Vocal Election vol.Ⅴ~全国英語歌唱コンクール~第五回目
    全ての公演が終了いたしました!

    歌唱コンテストを実施することの懸念や
    感染拡大など・・・、様々な出来事に
    直面することも多かった日々でしたが
    ”出場者が今年も出たい!EVEで最優秀賞とりたい!”など
    このEVEに対しての開催を願うメッセージもあり
    若者の今の熱いを歌に乗せて届けることが
    世界中の励みになるのでは、、、と考え
    開催を決断しました。

    残念ながら、本年度の全国審査は
    ホールでの開催はできませんでしたが
    出場者は近隣のYTJスタジオで事前に撮影した映像
    レコーディングした歌声での審査をし
    他の出場者を応援・自分のパフォーマンスを振り返る
    ”オンライン”という形で実施をし観覧をしました。

    そんな出場者の様子をお届けしたいと思います!

    出場者は、早く結果が知りたい・・・
    皆のパフォーマンスを見るのが楽しみ!
    ドキドキが止まらない・・・
    落ち着きがない雰囲気で始まり、、、、

    他の方のパフォーマンスが終わったら
    その方の方を向いて拍手している姿が印象的でした。
    結果発表に差し掛かった時には、それぞれの表情が
    真剣になり、緊張している様子が見受けられました。

    続々と発表される中・・・
    入賞した方に向けての拍手!が盛大で
    会場内がとても "笑顔" で溢れました。

    それぞれの結果を受け入れる様子・・・
    あーこの場にいて幸せだな~。と
    感極まり涙が溢れてきました。

    EVEに参加してくださった皆様
    素敵な歌声を本当にありがとうございました!
    一人一人のここまでやってきた想いが
    とても伝わってきました。
    結果に左右されず、パフォーマンスしたことに
    意味があります。
    自信を持って、これからも色々なことに
    チャレンジし続けてください!応援しています。

    そして、出場者のことを支えてくださった
    関係者の皆様、本当にありがとうございました。
    最後に、全国オンライン審査の出場者の様子を
    写真にてお届けします♪







    次はJYDF!
    目標を新たに設定して頑張りましょう!


    English Vocal Election vol.Ⅴ
    プロジェクトマネージャー
    太田 2021.1.14

  • まずは、昨日無事に全国で”English Vocal Election vol.Ⅴ予選・本選"が
    終了しましたことご報告いたします。

    今回で5回目になるEVEですが・・・
    本当は、5周年!という点で、特別なパフォーマンスを検討し
    もっともっとEVEを盛り上げたい!という気持ちでいました。

    しかし、不測の事態が発生し、”歌唱コンテスト”の実施すら
    危ぶまれる形となり、各部署でギリギリまで開催を検討し
    開催することが決定しました。
    主催団体 YTJの感染症予防対策に賛同し、EVEへの参加を
    してくれた出場者に感謝しています。

    さて、タイトルの本題に入りたいと思います!
    中学生の指導って、思春期も入ってくるので
    気持ちが伝わらないことありませんか?

    実際に、伝えても反発する心は沸いてでてきたり
    理解しているのに、恥ずかしくて行動に
    表すことができなかったり・・・と
    様々なメンバーがいるかと思います。

    このEVE期間でも、中学生クラスのメンバーの
    ハーモニーがとても素晴らしい!と思って
    レッスンに入っていましたが、最終日に
    ハーモニーではなく、”パッション”が伝わらない。
    ことに、落胆しました。

    みんなで鏡を見て歌ってみたり、互いの表情を見せ合ったり
    変顔したり、作品の話し合いに時間をかけたり・・・と
    色々な言葉を伝えましたが、なかなか出せない。
    そんな直リハが続きました。

    本選まで最終の直リハ・・・
    終了20分前に、マイクリーダー変更をし
    涙を流すメンバー。
    選ばれたメンバーが号泣していることに
    私は、「申し訳ない気持ちで泣いているなら
    今すぐチェンジする。逆に、
    自分に任せてほしい。」としっかり伝えるべきと
    メンバーにぶつかっていきました。

    その後の全体ハーモニーが大きく変化をしました。
    まだまだいける。と思い、目をつぶって全員で
    円になって一緒に1曲歌いました。
    左右の手から伝わるメンバーのパワーに胸が
    熱くなり、終始泣いてました(笑)
    歌い終わってから、目を開けてみると
    みんなが目を赤くして私を見ていた様子が
    今でも忘れらせません。

    当日も、ハプニングがあり
    鼻をすする音が聞こえる中
    舞台に立つメンバー達の姿
    とても強いパワーを感じました。

    歌が苦手!英語が読めない。。。という
    メンバーが多い中、ここまで、EVEに
    全力で取り組んでくれてありがとう!と
    いう気持ちでいっぱいです。

    メンバー同士、なかなか素直になれない年齢ですが
    スタッフが素直に伝える、心を開いて
    信頼関係を築いてからぶつかっていくことが
    メンバーと分かり合えるのだと改めて感じました。

    まだ、全国オンライン審査がありますが
    次のイベント”JYDF”があります!
    ダンスに魂を込めると同時に、振付者として
    メンバーと一緒にその作品創りを
    楽しんでいきましょう!

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    制作運営本部
    太田 2020.12.23

  • 今日の名古屋市内は
    夕方から雪が降り
    ほんとうに寒い日でした
    あたたかいラーメンが
    ますます食べたくなる年末です

    昨週末、12日、13日の両日
    EVEのホール予選審査を
    終了いたしました

    今回もオンラインチケットとして
    動画配信をおこないますので
    関西、関東の各ステージを収録した
    動画を、早速視聴しました


    公演実施にさいしては
    毎日、新型コロナウィルス感染症
    のニュース報道が激しくなされるなかで
    はたしてどのような公演スタイルにて
    実施すべきか
    ギリギリまでお時間をいただき
    多角的に、慎重な審議を重ねました

    出場者、スタッフのみなさまには
    その判断を直前までお待ちいただく
    ことになり、誠にご不便を
    おかけいたしました

    また、結果的には
    すべての方全員に、ご納得をいただける
    準備をすることはできませんでしたが

    それでも、数千人のみなさま方が
    これまでYTJが厳密に実践している
    感染症拡散防止対策をご信用くださり
    この公演にもご賛同くださりました

    プロジェクトチームとともに
    制作を担当する者として
    心より感謝を申しあげます


    今年のEVEを
    わたしはいつまでも忘れません

    出場者たちは、みな全力で、
    高らかな歌声で
    歌でしか表現できないなにかを
    伝えてくださりました

    わたしたちは、
    そんな魅力的な出場者たちに
    おおきな拍手を贈ることができました

    YTJメンバー、外部エントリー者
    そして保護者、関係者各位
    みなさまのおかげで
    わたしは勇気と希望を発見できました
    舞台芸術の素晴らしさ再認識しました
    わたしの人生には、
    歌とダンス、物語が
    絶対に必要なものであるということが
    あらためてわかりました

    たくさんのみなさまに
    たくさんの感謝をこめて
    御礼を申しあげます

    このすてきなカンパニー
    毎日の環境に
    心からの感謝を申しあげます

    最後までお読みいただきありがとうございました

    企画本部長
    松本 2020.12.17

  • 本日、10月8日(木)からいよいよ
    「Autumn Musical ~THE SHOW MUST GO ON!~」の 関西公演がスタートします!

    今回新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、座席制限をかけてご案内しております。
    開催が近づくにあたり、足を運ぶことができない、 劇場での観劇が不安という多くの声や、
    遠方なのですが、観たいのでなんとかLIVEで視聴できないか・・・

    というお声を多く頂戴し、 なんとか実現する方法を試行錯誤しまして、
    本当に急遽ではありますが、 LIVE配信で観れるオンラインチケット販売を実施することが決定しました。

    オンラインチケットページはこちら↓ ↓
    https://online.ytj-show.jp

    【オンラインチケット(公演映像)販売価格】
     3,300円(税込)
    ・”公演のライブ配信”を視聴いただけます
    ・後日、”専用カメラで撮影した編集映像”もご覧いただけます

    【注意事項】
    ・ライブ配信は会場の電波状況によっては画質や音声の保証はできかねますこと予めご了承ください。
    ・鮮明な映像は、別途専用カメラで撮影、編集したものを後日ページ内にアップします(2週間前後で予定)。
    ・チケット1枚についているアドレスは、1つの端末でしかご使用いただけません。

    その他詳細の情報はAutumn Musical 2020の特設ページにてご確認ください。↓↓
    https://ytj-show.jp/autumnmusical2020/


    少しでも多くの皆様にご観劇いただき、楽しんでいただけますと幸いです。
    皆様のご観劇、心よりお待ちしております!

  • 本日10月17日(土)からはいよいよ、
    「Autumn Musical ~THE SHOW MUST GO ON!~」 関東公演がスタートします。
    この秋の公演、関西公演に続き関東公演も、劇場だけでなく「ライブ配信」でも観劇いただけます!

    ・劇場に足を運ぶことができない
    ・劇場での観劇が不安
    ・遠方だけど観たい・・・

    観劇を諦めかけていた方は、ライブ配信での観劇をご検討くださいませ。

    また劇場では、17日(土)・18日(日)の公演各回において、当日券のご用意があります。
    開場45分前(開演1時間前)から販売を開始しますので、お時間になりましたら横浜YTJホールのエレベーターホールにお越しください。

    公演詳細、ライブ配信、当日券など詳細は、Autumn Musical 2020特設ページをご確認ください。 >> https://ytj-show.jp/autumnmusical2020/

    皆様のご観劇、お待ちしています。

    2020.10.17
    Autumn Musical ~THE SHOW MUST GO ON!~ プロジェクト

  • こんにちは!
    Japan Youth Dance Festival Organizerのネイサンです。

    皆様いかがお過ごしでしょうか。

    休校や外出自粛が続いているかと思いますが、
    自宅でも新しい挑戦やスキルアップをすることができると思います。

    大変ですが、この時期があったからこそ
    もっと強くなりました!と思えたらいいなと思っております。

    そして!
    そんな中、

    皆さんのスキルアップに向けて
    JYDFプロジェクトも何かサポートできたらと考え

    JYDF公式Instagramにて
    初のライブ配信をすることになりました!

    5月2日(土): 16時-17時
    5月4日(月): 16時-17時
    5月6日(水): 16時-17時

    本日から3日間の配信です。

    汗がだくだくになるまで新しい振り付けに挑戦し
    一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

    画面越しにはなりますが、皆さんにお会いできるのをとても楽しみにしております!


    2020.5.1
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 皆さまこんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    この頃は暖かい日が続き気持ちがいいですね!

    お花見でもしたくなりますが、
    残念ながら今年は出来そうにありませんよね。

    なので先日のスーパームーンの日に家の庭にてお花見ならず
    お月見をしながら家族と楽しく過ごしました!
    といってもその日は寒かったです(笑)

    私たちプロジェクトチームも、
    外出自粛が続き、思い切りダンスが踊れない日々が続いています。

    ですが!
    いつかこのコロナウィルスが終息した頃には
    最高の状態で最大限のパフォーマンスができるように、
    自宅でもできるだけ身体を動かすようにしています。

    ここで本日は、皆さんに「自宅でダンス」のワンポイントアドバイスをお伝えしたいと思います。

    それは、

    「すごーくゆっくり踊ること」

    です!!

    お家で練習する際、すごーくゆっくり踊る練習をしてみてください。
    そしてその動きを動画に撮影してみてください。

    実は無駄な動きがあったり、反対に動きの動線がハッキリ理解できたりします。

    それを繰り返すとどんなスピードでも綺麗な動きで踊れるようになると思います!
    なおかつスロームーブですので筋トレが一緒に出来てしまう。一石二鳥!!

    自宅での練習だからこそ分かる自分の弱点を、
    この期間を利用してどんどん克服していきましょう!

    少し先にはなりますが、
    皆さんの鍛え上げたパフォーマンスが見られることを
    心から楽しみにしています。

    以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

    2020.4.9
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 皆さまこんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    この度、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、
    「Japan Youth Dance Festival 2020」の実施について、
    5月以降に実施をする形で延期を予定しております。

    出演者及び観覧をされる皆様・そしてスタッフの安全を第一に考え、
    プロジェクトチームでも検討を何度も重ねて参りました。

    コロナウイルスの感染拡大が一段落し、
    みなさまにご理解をいただける状況になるまで、

    我々プロジェクトチームもできることから取り組み、
    JYDF2020のテーマでもある「魂でほえる」を実現したいと思っています。

    また、自粛ムードの中、
    なかなか思う存分身体を動かすことができていない
    全国のダンサーのみなさんに向け、
    何かJYDF2020プロジェクトからも前向きな発信ができないかと思い、
    引き続きこのコラムは更新を続ける予定です。

    通過者の皆様、観覧される皆様が
    楽しみにしているこのJYDFの実施に向けて
    スタッフ一同、誠心誠意取り組んでまいります。

    具体的な延期後の日程につきましては、
    確定次第改めてJYDF公式サイトでも
    ご案内をいたします。

    ご理解ご協力の程
    どうぞよろしくお願いいたします。

    2020.4.2
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 少しずつ、春の訪れを感じられるようになった今日この頃。
    昨年の夏が始まる前から進行してきました『English Vocal Election Vol.Ⅳ』は、今まさに"Election"のクライマックスを迎えようとしています!

    出演者たちの動画と投票は、EVEオフィシャルサイトから。

    チャーミングに・・・
    パワフルに・・・
    出演者たちの持ち味は様々で、それぞれが魅力に溢れています。
    多様性に富んだパフォーマンスをぜひご覧ください。
    言葉を、心を、音楽に乗せ、思い思いに歌唱する姿に心を動かされます。

    世の中が日常とは少し違ってしまっているこんな時だから尚更、子供たち・若者たちの歌声にじっくりと耳を傾けてみるのはいかがでしょうか。

    WEB投票は 3月6日(金)23時59分 まで。
    投票から24時間経過ごと、SOLO・DUET・GROUP、それぞれに1回ずつの投票が可能です。
    全国審査出演者への"VOTE"(投票)をお待ちしています!


    2020.03.03
    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト
    http://eve-hq.com

  • WEB投票期間も残り10日となりました!!
    皆様、EVE公式WEBサイトにて投票はお済みでしょうか??

    今回、WEB投票の開始にあたり、グループ部門出場者たちのレコーディングを行いました。
    そのレコーディングに同行させていただきましたが、プロのようにヘッドフォンをつけてお互いの声を聞き、アドバイスし合い、チームで一丸となりハーモニーを作り上げている出場者の姿が印象的でした。
    EVEというイベントを通して出場者たちがどのように成長をしたのかを垣間見、そしてこのイベントをきっかけにこれからどのように成長していくのかがとても楽しみになる、そんなレコーディングでした。

    レコーディングスタジオの方も、出場者の歌声・ハーモニーの完成度の高さに感心されていました。

    皆様にも出場者達の素敵な歌声・パフォーマンスをご覧いただき、是非!ワンクリックをお願いします。
    WEB投票ページ
    どの出場者に投票するか、、とても迷ってしまうくらい皆さん素敵ですよね。

    投票受付は3月6日(金)23時59分まで。
    投票から24時間経過ごとに、SOLO・DUET・GROUPそれぞれ1回ずつの投票が可能です。
    皆さまからの投票、お待ちしています!

    2020.02.25
    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト
    http://eve-hq.com

  • YTJのアリスの世界ってどんな世界?

    『ALICE IN Wonderland』の雰囲気を少しだけお届けします。




    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』は3月19日(木)上演開始です。
    ==========================
    ◆大阪公演@大阪ビジネスパーク円形ホール
    3/19(木)〜3/21(土)

    ◆横浜公演@横浜YTJホール
    3/23(月)〜4/4(土) ※休演日あり
    ==========================

    ★チケット販売中!
      ⇒ チケットぴあ

    ★エントレで紹介されました!
      ⇒ 『不思議の国のアリス』が現役中学生出演のラブコメディ・ミュージカルに!

    ★動画 ⇒ Trailer

    ★動画
      ⇒ 関東キャストからメッセージ!
      ⇒ 関西キャストからメッセージ!

    ★公式Instagram ⇒ ytjalice


    2020.02.24
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト

  • 先日の横浜公演キャストに続き、大阪公演キャストからも皆様へごあいさつが届きました!

    笑いあり、涙あり、胸キュンありの、Teenageラブコメミュージカル!
    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』
    劇場でお待ちしています!

    ==========================
    ◆大阪公演@大阪ビジネスパーク円形ホール
    3/19(木)〜3/21(土)

    ◆横浜公演@横浜YTJホール
    3/23(月)〜4/4(土) ※休演日あり
    ==========================

    ★チケット販売中!
      ⇒ チケットぴあ

    ★エントレで紹介されました!
      ⇒ 『不思議の国のアリス』が現役中学生出演のラブコメディ・ミュージカルに!

    ★動画 ⇒ Trailer

    ★動画 ⇒ 関東キャストからメッセージ!

    ★公式Instagram ⇒ ytjalice


    2020.02.21
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト

  • 皆さまこんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    今年のJYDFは、史上初となる
    MBS(毎日放送)番組のテレビ中継を予定しております。

    出演者のダンスに対して熱い思いや
    パフォーマーとしての生活をキャプチャーし、

    ダンス生活のすばらしさや大変さ、
    そして出演者の成長を中心としたストーリーがお楽しみいただけます。

    ダンスの魅力を社会に発信するため、
    観客に向けてだけではなく、
    テレビという大きな媒体で発信できる大きなチャンスです!

    出演者にとっては良い経験になるのはもちろん、
    今後の活動にも大きく影響してくることでしょう。

    JYDFの物語を作るのはあなたです。
    どんな番組になるのが、とても楽しみですね!

    私たちプロジェクトチーム一同も
    心から楽しみにしています。

    2020.2.20
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • カラフルでビビットで摩訶不思議な仲間たちが暮らす”不思議の国”。
    会場に一歩足を踏み入れれば、そこはまるで絵本の中。
    あなたもアリスと一緒に"不思議の国"に迷い込んでみませんか?

    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』は3月19日(木)大阪ビジネスパーク円形ホールより上演スタート。
    大阪で、横浜で、なんともヘンテコな夢の冒険があなたを待っています。


    ★チケット販売中!
     ⇒ チケットぴあ

    ★エントレで紹介されました!
     ⇒ http://entre-news.jp/2020/02/63686.html

    ★動画/Trailer
     ⇒ https://youtu.be/elGLFibpNs8

    ★動画/関東キャストからメッセージ!
     ⇒ https://youtu.be/6KVq7fa4VJA

    ★公式Instagram、要チェック!!
     ⇒ https://www.instagram.com/ytjalice/?hl=ja


    2020.02.19
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト

  • 『ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~』上演開始まで約1か月。
    観劇コメントでアリスの世界観を少しだけお届けします!

    「不思議の国の国民的ダンス」ってどんなダンス!?
    あなたも劇場で一緒に踊ってみませんか?


    ★チケット販売中 ⇒ チケットぴあ

    ★エントレで紹介されました!
      ⇒ 『不思議の国のアリス』が現役中学生出演のラブコメディ・ミュージカルに!

    ★動画 ⇒ Trailer

    ★動画 ⇒ 関東キャストからメッセージ!

    ★公式Instagram ⇒ ytjalice

  • お待たせしました!
    本日19時30分、『English Vocal Election vol.Ⅳ』のWEB投票が始まりました!

    全国審査へ出場したアーティストのパフォーマンス映像を公開し、代表するアーティスト【Representative】を選出するための一般視聴者によるこの投票。
    投票から24時間経過ごとに、SOLO・DUET・GROUPそれぞれ1回ずつの投票が可能です。
    まずは、出場者たちの映像をご覧ください。
    WEB投票ページ

    【Representative】に選出される出場者は!?

    投票受付は3月6日(金)23時59分まで。
    皆さまからの投票、お待ちしています!

    2020.02.14
    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト
    http://eve-hq.com

  • 2020年3月19日(木)から上演が始まる『ALICE IN Wonderland』に向けて、関東、関西それぞれリハーサルが始まっています!

    関西では、通し稽古がスタート。2時間の全編を通してお客さまに不思議の国を体感してもらう為には、どんな立ち振る舞いがベストなのかを研究。360度という特殊な舞台形状を利用して、お客さまのすぐ隣まで行ったり、後ろから話しかけたり、驚かしてみたりと、様々な魅せ方を練習しています。

    中にはキャラクターになりきることに没頭しすぎて、休憩時間中も話し方や立ち振る舞いが”ワンダーランド”なキャストも・・・。
    出演者の本気が垣間見える瞬間です。

    『ALICE IN Wonderland』は、「進化し続けること」が魅力のひとつ。
    細かな台詞の言い回しや、小さな感動体験の積み重ねも、妥協せずに磨き上げていきます。

    前回の上演からまた一味違ったワンダーランドをお楽しみいただけること、間違いなし!


    チケット絶賛発売中!
    春休みの思い出の一ページとして、ぜひ『ALICE IN Wonderland』の世界をお楽しみください!


    ★エントレで紹介されました!
     ⇒ http://entre-news.jp/2020/02/63686.html

    ★動画/Trailer
     ⇒ https://youtu.be/elGLFibpNs8

    ★動画/関東キャストからメッセージ!
     ⇒ https://youtu.be/6KVq7fa4VJA

    ★公式Instagram、要チェック!!
     ⇒ https://www.instagram.com/ytjalice/?hl=ja

  • 2020.02.10
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    詳細・チケット購入はこちらから>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 皆さま、こんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。


    今回もJYDFの魅力ポイントと、
    「振り付け」のコツをみなさんにお伝えしたいと思います!

    JYDFの参加条件は、
    「あなただけのオリジナルの振り付け」
    でパフォーマンスをすること。

    ですが、振り付けを考えるのってとても大変ですよね。

    大変だけど、楽しいのが振り付けの良いところ!
    みなさんはどのようにして考えていますか?

    私は普段、イメージトレーニングを活用しています。

    曲を聴きながら、イメージ膨らませながら
    頭の中で踊ったりします。
    妄想しまくります。

    頭の中は自由なので、
    現実では踊れないジャンルさえも踊れてしまいます!

    友人曰く、
    その時の顔はどこを見てるのかも分からず、
    かなり酷い顔をしているらしいのですが、、(笑)

    「イメージ」という言葉だけ聞くと、簡単な作業ように感じますが
    実際は頭をフル回転で使うので、「頭の筋トレ」になります。

    さらに、想像力豊かでないとなかなか難しいのです。

    前回のコラムでも伝えましたが、
    ジャンルに囚われないJYDFだからこそ、
    自由で、あなたらしい振り付けを披露していただきたいと思っています。

    イメージトレーニングで想像を膨らませて、
    オリジナルの振り付けであなたのダンスを披露してください!

    あなたの個性溢れるパフォーマンスを楽しみにしています。

    エントリーはこちらから
    ↓↓↓
    ここをクリック!


    2020.2.8
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 舞台・演劇のニュース動画サイト「エントレ」で、アリスが紹介されました。
    >> 『不思議の国のアリス』が現役中学生出演のラブコメディ・ミュージカルに!


    カラフルで、ビビットで、摩訶不思議!

    ルイス・キャロル不朽の名作『不思議の国のアリス』が、現役中学生によるティーンエージャー・胸キュンラブコメディとして生まれ変わる!

    Youth Theatre Japan『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』
    3月19日から大阪ビジネスパーク円形ホールで上演開始です。

    詳細・チケット購入はこちらから>> https://ytj-show.jp/info/alice/


    2020.02.07
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト

  • お待たせしました! 本日は『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』関西公演キャストを発表します。





    笑いあり、涙あり、胸キュンありの、Teenageラブコメミュージカル!
    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』

    3/19(木)、まずは関西にて上演スタート!
    劇場にて、皆さまをお待ちしています!


    2020.02.05
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト
    詳細・チケット購入はこちら>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 本日は『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』関東公演キャストを発表します!
    メンバーからのごあいさつ動画も公開中です。是非あわせてご覧ください。
    >> キャストより皆様へごあいさつ♪

    関西公演のキャストも近日発表予定ですので、今しばらくお待ちください。




    笑いあり、涙あり、胸キュンありの、Teenageラブコメミュージカル!
    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』

    関西公演(大阪ビジネスパーク円形ホール)は3/19(木)〜、関東公演(横浜YTJホール)は3/23(月)〜上演開始です。
    皆さまのご来場をお待ちしています!


    2020.02.04
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト
    詳細・チケット購入はこちら>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 横浜公演キャストから皆様へごあいさつ♪

    笑いあり、涙あり、胸キュンありの、Teenageラブコメミュージカル!
    『ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~』
    劇場でお待ちしています!

    ◆大阪公演@大阪ビジネスパーク円形ホール
    3/19(木)〜3/21(土)

    ◆横浜公演@横浜YTJホール
    3/23(月)〜4/4(土) ※休演日あり


    2020.02.01
    ALICE IN Wonderland 2020 ~SPRING~ プロジェクト
    https://ytj-show.jp/info/alice/


  • 皆さま、こんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020のプロジェクトです。

    少しずつ暖かい日も増えてきていますが、
    まだまだ寒い日が続きますね。
    ダンスで身体を動かし、心も身体も熱く燃え上がりましょう!

    さて、これまでのコラムでは、
    我々JYDFプロジェクトチームの
    ダンスに対する熱い思いをお伝えしてきました。

    ここから先は、JYDF 2020の魅力ポイントを
    少しずつご紹介していきたいと思います。

    まず本日ご紹介する一つめのポイントは、
    「オールジャンルのダンサーが輝ける
    ダンスフェスティバルである!」という点です。

    ダンスには多くのジャンルが存在しますが、
    なかなか自分の得意ではないジャンルのダンス大会に
    エントリーするには勇気が必要ですよね。

    JYDFでは、
    「ダンスに関わる人達が最高に輝ける場所にしたい!」という思いから、
    様々なジャンルのダンサー達が同じ舞台に立ち、
    それぞれのパフォーマンスを披露します。

    バレエダンサーとストリートダンサーが
    同じステージに立っている光景、
    すごく素敵ではないでしょうか?

    お互いのジャンルの良さに気がつけたり、
    そこから更なる学びが生まれたり。

    前回のコラムでお伝えをした
    「自分の強みを活かす」ということにも繋がりますよね。

    そして、いつか掛け算のパフォーマンスが新しく誕生したり、、

    JYDFをきっかけに、全てのダンサーにとって
    幸せな出来事を沢山与えることができれば、
    私たちJYDFプロジェクトチームも心から幸せです。

    「なかなかこのジャンルのダンスを披露する機会がない」
    「普段は披露しない相手にも、自分のパフォーマンスを見て欲しい」

    と感じているダンサーの皆さんも多いのではないでしょうか。
    是非、JYDF 2020へのエントリーをお待ちしております!

    エントリーはこちらから
    ↓↓↓
    https://jydf.jp/entry/

    エントリー募集締め切りまで残り一ヶ月となりました。

    ダンスへの熱い想いをまだ曝け出せていない皆さん。
    2月の寒さも吹き飛ばすような
    ダンス魂をJYDFにぶつけにきてください!

    2020.1.31
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 2020.01.29
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    チケット販売中!>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 皆さま、こんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    JYDFで一番最初の審査も近づいており、
    我々プロジェクトチームも
    準備を着々と進めています!

    JYDFでは、
    「出演者同士が良きライバルとして、
    お互いを高め合っていただきたい。」
    という思いから、大会ごとに順位付けをしています。

    JYDFを通じて、
    他人のパフォーマンスからその人の良さに気がつき、
    また、同じように自分自身のパフォーマンスの良さにも
    気が付いてほしい!と強く感じるからです。

    私たちは、好きなことに集中するとき、どうしても
    自分に足りないところや改善すべきところばかりに
    目がいってしまいますよね。

    しかしそればかりではやはり気が滅入ってしまいます。

    モチベーションが下がってしまわないように、
    「自分にはこれができる!」
    「これなら誰にも負けない!」
    という自分自身の強みについても考えることが
    ステージ上で心からダンスを楽しむ秘訣です。

    私もこれまで振り付けを多く担当してきましたが、
    その人の強味を活かして演目を作りたいので
    いつもパートナーとはよく話し合いを重ねます。

    JYDFが「ダンサーが最も輝ける場所」となる大きなポイントは、
    「あなただけのオリジナルのパフォーマンスを
    思う存分ステージで披露できる!」ことです。

    あなたにはあなたの良さがあり、
    その良さを多くの人の前で心行くまで披露していただく。
    JYDFが、自分自身を好きになるきっかけになれば
    私たちプロジェクトチームも心から嬉しく思います。

    ダンスに関わる全ての人が輝けるフェスティバルにしたい!というのが
    プロジェクトの大きな目標であり、願いです。

    JYDF 2020では、
    過去の写真や、最新情報をご覧いただける
    公式Instagramを運用しています!
    ↓↓↓
    https://www.instagram.com/jydf_official

    JYDFにとって、2020年は「初挑戦」が多い年となりますが、
    公式Instagramもそのひとつです。

    「#JYDF」「#100万円チャレンジ」「#魂でほえる」
    などのハッシュタグを使用していただき、
    あなたの熱いパフォーマンスを是非シェアしてみてください!

    皆さんも一緒にJYDFを盛り上げていきましょう。
    たくさんのフォロー・投稿をお待ちしております!


    2020.1.29
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 2020.01.25
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    チケット販売中!>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 皆さん、こんにちは!
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    突然ですが、踊りを愛する皆さんにとって
    ダンスとは何でしょうか。

    ダンスを通して伝えたいことは、
    一体どんなことでしょうか。

    JYDFは、
    "ダンスバトル"ではなく"ダンスフェスティバル"です。

    私は、ダンスは上手・下手を争うものではなく、
    自分の積み上げてきたもの全てや
    自分を表現、発揮するものだと思っています。

    いくら高いスキルがあっても、
    そのパフォーマンスに自分らしさや感情が無ければ
    人に感動を与えることは出来ません。

    情熱を燃やして全身全霊のパフォーマンスをすることは、
    自分をここまで成長させてくれた
    周りの家族、友人、仲間たちに
    感謝の気持ちを伝えるための手段にもなり得るのではないでしょうか。

    ダンスを愛する者として、
    自分らしく踊れる今の時代への感謝の思いも忘れずにいたいものですね。

    優しさ、思いやり、愛情をもって取り組むことで
    伝わる本当の"好き"があると思います。

    "好き"の気持ちのその先に感動が生まれ、
    達成感や幸福感、また今後の活動の糧となるのでしょう。

    私も一プロジェクトチームとして、
    ダンスに対する感謝の思いと好きな気持ちを
    このコラムを通じて皆さんに発信していきたいと思います。

    エリア大会・全国大会にて
    皆さんのパフォーマンスを見られることが、心から楽しみです。

    JYDF 2020!!
    みんなの "魂"で"ほえろ"!!


    2020.1.24
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 皆さま、こんにちは!

    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクトです。

    いよいよ春クールの通常レッスンがスタートし、
    JYDFに向けての練習が始まりました!

    今回のJYDFのテーマは、「魂でほえる」。

    レッスン内で、出演者に
    「今回のテーマってどういう意味?」
    「『魂でほえる』ってなんだろう?」
    ということについてチーム内で考えてもらいました。

    今回は、その熱い想いの込もった回答を
    一部ご紹介したいと思います!


    “熱い心を持つこと”

    “1人1人が心の奥から思っていることをみんなに伝わるように表現し、挑む”

    “全身全霊でJYDFに向き合う。思いを出し切る。
    自分の底から湧き上がるエネルギーを放出して表現に変える”

    “情熱、個性、想い、元気、やる気を
    全力で炎がパチパチもらえるように出し切る”

    “個性を大切にして、気持ちをぶつける”

    “自信を持って精一杯心の底から、
    見ている人へ気持ちを伝える事”

    “心から美しい声を出す事。
    ほえるように、震える声を出す事”

    “『魂』を何かで例えてそれを最大限発揮する”

    “完全燃焼”

    “チームが団結して、細かいところまで揃える事。
    レッスンと休憩の時のメリハリをつけて、お互い摘し合う事”

    “限界を超える”

    “自分たちの情熱を一丸となってお客様にぶつける”


    など、、、
    多くの熱い言葉を聞くことができました。

    JYDF 2020に対するワクワクの気持ちを大切に、
    日々の練習にも熱い情熱を持って
    取り組んでいただければと思っております。

    エリア大会では、出演者の熱い気持ちを直接感じることができること、
    私も非常に楽しみにしています。

    「『魂でほえる』ってなんだろう?」

    様々な答えに耳を傾けると、
    チームの個性が溢れ出ていることを強く感じ、

    プロジェクトチームも、出演者に負けないよう
    更に頑張ってJYDFを盛り上げよう!
    という気持ちになりました。

    出演者の皆様だけでなく、保護者の皆様も
    「「魂でほえる」ってなんだろう?」
    について、是非ご家庭で一度話し合ってみてください!

    この問題に正しい答えはないので、
    改めてダンスに対する情熱をご自身の中で整理する
    良い機会になるのではないでしょうか?

    いよいよ2月8日からソロのレッスン内審査が始まり、
    またその二ヶ月半後にはエリア大会も始まります。

    プロジェクトチームも
    日々準備を進めていますので、
    皆さまも是非、お楽しみにしていてください。


    2020.1.21
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 1月11日(土)、『English Vocal Election vol.IV ~全国英語歌唱コンクール~』の全ての審査が終了しました。
    エントリーいただきました皆様、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。


    当日、少し緊張した面持ちで会場入りした出場者たち。
    舞台袖で本番を直前に控える出場者たちの真剣で力強い眼差しが、鮮明に記憶に残っています。

    -ライバルとして
    -同じ舞台に立つ仲間として

    相手を応援する気持ち・思いやる気持ちがとても印象的でした。

    若者たちが表現する力は限りなく無限大であることを、”EVE vol.Ⅳ”を通して事務局一同、強く実感しました。
    これからも、皆様の歌声で世界中の人々を笑顔にしていってほしいと願っています。

    たくさんの素敵な若者たちに出会えたことに感謝し、私たちスタッフもまた、次回に向けて一歩前進していきます。

    ここまでの”EVE vol.Ⅳ”に関わってくださいました全ての皆様に、心からの感謝を込めて。
    本当にありがとうございました。


    ここから先はWEB投票が待っています。
    ただ今事務局では投票開始に向けて準備を進めていますので、今しばらくお待ちください。


    2020.01.16
    English Vocal Election vol.Ⅳ
    プロジェクトマネージャー 太田
    http://eve-hq.com

  • 今回、第4回目開催の『English Vocal Election』。
    全国審査がいよいよ1月11日(土)に迫ってまいりました。

    ここまで、書類審査、実技審査、エリアホール審査を経て
    多くの若者達の中から全国審査への出演者が決定しました。

    今年の「最優秀賞」は誰の手に輝くことになるのか。
    そして栄えある「Representative」に選ばれるのは??

    会場では様々な感動が待っていることでしょう。
    その感動を是非、あなたにも。


    2020年1月11日(土) 15:00開演(14:30開場) 銀座ブロッサム


    会場にて皆さまをお待ちしております。

    チケット販売は1月8日(水) 11時59分まで!>> http://ytj.tstar.jp/eve


    2020.01.07
    English Vocal Election vol.IV プロジェクト
    http://eve-hq.com

  • A Happy New Year!
    新年明けましておめでとうございます。

    『Japan Youth Dance Festival 2020』プロジェクトマネージャーのNathanです。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    今回は、私のダンスに対する情熱をお伝えしたいと思います。

    3歳からダンスを習い始め、
    最初は社交ダンス、5歳からはバレエ、タップ、ジャズなど
    9歳から2年間でロンドンのRoyal Ballet Schoolに入り
    中学・高校はロンドンにある舞台芸術専門学校に通っていました。

    10歳から休みの日もなく
    レッスンや大会や、パフォーマンスの毎日でした。

    いい意味でも悪い意味でも、
    私の人生にはダンスしかありませんでした。

    とても大変な道のりでしたが、ダンスに対しての情熱が段々と強くなっていきました。
    この情熱がなければ、日々の練習もやはりしんどくなってしまいます。

    この経験では、情熱を持ち、そして大きな目標を持って
    自分の成長に繋げることができた、と強く感じています。

    今でもダンスを教えているときは、徐々に熱くなってしまい、時には声を荒げることも、、、
    いつも、私の情熱を相手に伝えることができれば、と思っています。

    昨年一年間はスタジオの運営マネージャーとして、
    所属メンバーの情熱を熱く盛り上げることに全力を注いでいました。

    その結果、様々なイベントの全国大会まで進むことができ、
    また、ミュージカルの舞台でも良い結果を残すことができました。

    終演後は情熱のあまり涙するシーンもあり、
    また「大変だった」「楽しかった」など様々な声がありましたが、

    大変なことを乗り越え、やり切ることができた!という情熱が
    強く伝わってきて、私もとても感動したのを覚えています。

    JYDF2020のテーマは、「魂でほえる」。

    「一人一人の熱い思いをダンスで表現し、
    社会へダンスの魅力やすばらしさを若者から発信しよう。

    そして、皆の魂を一つにして良きライバルと切磋琢磨して共に成長する。

    目指すのは、JYDFに関わる全ての人の
    燃え上がるようなダンスに対する情熱を届ける場、
    そして、パフォーマー自身だけではなく見ている人の心を動かすものにすること。」

    JYDF2020に向け、ダンスに対しての情熱を益々盛り上げていき、
    最高なダンス大会にしましょう!

    2020.1.7
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • Youth Theatre Japan主催の『ALICE IN Wonderland 2020 Spring』、いよいよ本日よりチケット販売が開始されました!

    横浜と大阪にて、全19公演を上演します。
    また横浜YTJホールでは、今回初となる19歳以下限定の「ジュブナイル公演」を実施!

    「ジュブナイル公演」でしか体験することができない、摩訶不思議な特別企画が盛りだくさん!
    あなたもアリスと一緒に、笑いあり、涙あり、ロマンスあり、青春ありの、ワンダーランドへ冒険に出かけましょう。
    19歳以下の方は、この機会をお見逃しなく!


    2019.12.25
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    詳細、チケット購入はこちらから>> https://ytj-show.jp/info/alice/

  • Youth Theatre Japan主催の『ALICE IN Wonderland 2020 Spring』
    いよいよ2019年12月25日(水)よりチケット販売が開始されます!

    原作はルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。
    Youth Theatre Japanの『ALICE IN Wonderland』では、全く新しい不思議の国の世界観をお楽しみいただけます。

    空想癖があり好奇心旺盛、正直者で頑固者、おまけに「フツ―の人生なんて憂鬱で馬鹿げてるじゃない?」なんて考えの持ち主の少女、アリスが迷い込んだのは、カラフルでビビットで摩訶不思議な仲間たちが暮らす”不思議の国”。はじめは現実世界に帰ることに必死になるアリスですが、仲間たちと過ごすうちに、本当の自分を見つけていきます。

    会場に一歩足を踏み入れれば、そこはまるで絵本の中。様々なキャラクターたちがあなたを出迎え、一緒に歌ったり、踊ったり、目の前で摩訶不思議なパフォーマンスを見せてくれるので、まるで自分も不思議の国に迷い込んだような錯覚に陥ります。

    アリスだけではない、まさに”あなた”の物語。
    あなたもアリスや不思議の国の仲間たちと共に、奇妙奇天烈、なんともヘンテコな夢の冒険へ足を踏み入れましょう。

    チケット販売は12月25日(水)から。
    この感動体験をお見逃しなく!


    2019.12.23
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    https://ytj-show.jp/info/alice/

  • こんにちは!
    突然ですが、皆さん踊るために何をしていますか?

    柔軟、イメトレや想像力を膨らますための
    読書、たくさんの曲を聴く、筋トレなどなど
    沢山ありますよね。
    全てやって損なことはありません!

    そして私が今回その中からピックアップするのが、、、、"筋トレ"です。
    ダンスのジャンルによって主に必要な筋肉は違いますが
    全ジャンルにおいて必要不可欠ですよね。

    そしてこへが地味でツライ.....。
    そんなイメージを持つ方が多いのかもしれません。

    少し話は変わりますが、
    10年くらい前にNYでとてもハッピーなオーラを
    一段と放つ方のレッスンを受けていました。

    衝撃だったのが、、腹筋をしながら
    フゥー!などとテンションMAXでリズムにのっているのです!

    日本人丸出しの私は、
    「え?!なんて自由なの!!筋トレというか、、もはや踊っている!」
    」そう思いながらもノリノリなわたし。
    気づけば辛かった筋トレが楽しくて楽しくて
    終わってほしくありませんでした。

    皆さんもダンスが上達したい一心で
    々と筋トレをしてるかと思いますが

    たまには好きな音楽をかけて
    その音楽に身を任せながら
    楽しんで筋トレをしてみてください!

    少しは苦手意識が消えるかも?!
    そしてもれなくダンス上達の
    オマケがついてきます!!
    是非試してみてください!

    2019.12.20
    Japan Youth Dance Festival 2020 プロジェクト

  • 12月21日(土)・22日(日)実施の『English Vocal Election vol.Ⅳ~全国英語歌唱コンクール~』の全会場にて、当日券をご用意しています。
    一部、抽選販売となる公演がありますので、詳細については以下をご確認ください。


    【当日券販売】
    関西エリア ホール審査最終予選/本選 の全公演
    関東エリア ホール審査最終予選 の全公演
    中部エリア ホール審査予選/本選 の全公演

    【販売時間】
    各公演開場30分前から
    (完売次第、販売終了)



    【抽選による当日券販売】
    関東エリア ホール審査本選

    【抽選/販売時間】
    ・整列開始 :17時00分 ※時間前にお並びいただく事は出来ません。
    ・抽選開始 :17時15分 ※抽選開始時間までに集合された方で抽選を行います。
    ・当日券購入:抽選終了後

     <注意事項>
     (1)1名につきチケット1枚(1席)分の整理券となります。
     (2)抽選にて整理券配布後、整理券番号順に当日券ご購入となります。
      ※整理券配布後のキャンセルはできません。
     (3)座席の指定はできません。



    【チケット価格】
    3,850円(税込)
    ※3歳未満で座席を使用しない場合は無料

    【公演日程・会場】
    12/21(土),12/22(日)
    各公演スケジュール、会場を確認(クリック)する


    【コンクール詳細】
    EVE vol.Ⅳ 公式サイト

    皆様のご来場をお待ちしています!

    2019.12.20
    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト

  • 現在も世界中で愛されるルイス・キャロル不朽の名作『不思議の国のアリス』が、奇妙奇天烈、奇想天外のスパイスを加え、令和の時代に新しく登場!!
    Youth Theatre Japan主催の『ALICE IN Wonderland 2020~Spring~』
    いよいよ12月25日(水)より、チケット販売が開始されます!!

    一歩会場に足を踏み入れれば、そこは見渡す限りの”ワンダーランド”。
    チケット販売に先立ち、ALICEの世界観をご紹介いたします。

    まだ観たことの無いあなたも、もう一度観たいあなたも、ぜひ劇場にお越しください!


    2019.12.17
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 12月14日(土)・15日(日)実施の『English Vocal Election vol.Ⅳ~全国英語歌唱コンクール~』
    ホール審査予選の全会場にて、当日券をご用意しています。

    【販売時間】
    各公演開場30分前から
    (完売次第、販売終了)

    【チケット価格】
    3,850円(税込)
    ※3歳未満で座席を使用しない場合は無料
    ※「寒川町民センター」会場のみ劇場の使用規定により3,000円(税込)

    【エリアホール審査予選】
    12/14(土),12/15(日)
    関東ホール審査予選当日スケジュール(グループの部)を確認(クリック)する


    12/14(土),12/15(日)
    関西ホール審査予選当日スケジュール(グループの部)を確認(クリック)する


    【コンクール詳細】
    EVE vol.Ⅳ 公式サイト
    皆様のご来場をお待ちしています!

    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト

  • この夏に関東と関西で約3000人を動員したYouth Theatre Japan主催の『ALICE IN Wonderland』。
    現在も世界中で多くの人々に愛されている『不思議の国のアリス』が、
    名曲を紡ぐ、ジュークボックスミュージカルとして上演されます。

    最大の特徴は、360度体感型の会場。
    5つのステージと、それを十字に結ぶ花道には
    四方八方から個性豊かなキャラクターたちが飛び出し
    観客の目の前に遊びに来ることも。

    「カラフルでビビットで、摩訶不思議」な不思議の国の世界観を
    まさに“体感”することができる、新感覚のエンターテイメント!

    この感動体験をぜひ、劇場でお楽しみください!


    2019.12.11
    ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~ プロジェクト
    https://ytj-show.jp/info/alice/

  • 街がイルミネーションで彩られ、今年も冬がやってきました。

    さて、今年で4回目の実施となる
    『English Vocal Election vol.Ⅳ ~全国英語歌唱コンクール~(通称EVE)』

    いよいよ今週12/14(土)より、関東・関西にてホール審査予選が始まります!

    Youth Theatre Japan主催、朝日小学生新聞・朝日中高生新聞共催の
    全国からの投票によって代表”Representative”が決定される
    “英語”で”歌う” この歌唱コンクールに今回も全国からの応募があり、
    書類審査・実技審査を経て、ホール審査予選への出場者が決定しました。

    出場者はEVE公式サイトにて発表中です。
    出場者の皆さんへの応援を、ぜひよろしくお願いします。


    コンクール詳細>> EVE vol.Ⅳ 公式サイト
    チケット購入>> EVEチケット購入ページ
    ※チケットは各公演3日前の午前11時59分まで購入することができます。(完売になり次第、販売終了)


    2019.12.10
    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト

  • 先週末、『English Vocal Election vol.Ⅳ(EVE)』の実技審査が行われました。
    多くの子供たちの演奏を聴かせていただきましたが、
    改めて「子供たちの成長ってすごいなぁ」としみじみと感じました。
    1年前、クラスについていけないと泣いていた子が
    こんなにも自信をもって人前で歌うことができるのか。
    あんなに引っ込み思案だった子がこんなに素敵な笑顔で歌うことが
    できるのか…と。

    YTJの行動指針に
    「継続は力なり。どんな仕事も確実に地道に一歩一歩確実に良いのもにする」
    というものがあります。

    EVEの実技審査という舞台に立っている子供たちは
    諦めずにコツコツやってきたからこそ、その積み重ねが自信となり
    今に繋がっているのだろうと思いました。
    【諦めたらそこで終わり】という言葉がありますが
    【諦めなければちょっとずつでも前に進んでいく】と感じさせられた一日となり、
    輝いている子供たちの顔を見、改めて自分自身も頑張らなければならないと
    気持ちを新たにすることができました。

    大変だと感じることに直面することがあっても諦めずに少しずつでも前に進み、
    胸を張って子供たちと一緒に日々を歩んでいこうと思います。

    English Vocal Election vol.Ⅳ プロジェクト

    >> English Vocal Election vol.Ⅳ

  • 2019年の夏に上演したYouth Theatre Japan主催のジュークボックス型ミュージカル。
    この度、2020年春に『ALICE IN Wonderland』の再演が決まりました!
    関東と関西、計19公演を上演予定。
    カラフルで、ビビットで、摩訶不思議な世界観を、もう一度劇場でお楽しみいただけます。

    チケット販売は12月16日を予定!
    続報をお楽しみに!


    『ALICE IN Wonderland 2020~SPRING~』

  • YTJの活動にご参加の皆様
    ならびに公演情報サイトにアクセスくださった皆様
    いつもありがとうございます!

    今夏、上演しました
    世界を体験できる極上のエンターテイメント!
    “WORLD MUSIC”が
    9月1日を持ちまして
    中部、関東、関西
    全公演 終演いたしました事をご報告させて頂きます。

    WORLD MUSICを観劇して下さった皆様、
    出演メンバー、ご協力頂いた保護者の皆様
    スタッフ、たくさんの応援いただいている皆様に
    深く感謝申し上げます。

    子供達、若者達の笑顔をたくさんの人に届けて
    社会に貢献したい
    未来をもっと明るく!
    そんな思いで今年の夏のミュージカルを
    全員で創ってまいりました。

    人生と同じで
    WORLD MUSICはまだまだ続けて行きたいと思います!

    次回お会いできる時は、
    益々グレードアップした姿をお見せできるよう
    1日1日を大切にしたいと思います。

    本当にありがとうございました!!

    WORLD MUSIC 2019
    プロジェクトマネージャー 豊田
    プロジェクトチーム 一同
    2019.9.18.

  • ALICE IN Wonderland2019、関東関西全17公演が無事に終了いたしました。


    満員御礼となる公演も多く、
    多くの方にご来場、ご観劇いただき
    誠にありがとうございました。


    また、出演いただいたメンバーの皆様、
    サポートいただいた保護者の皆様、
    素晴らしい公演を一緒に作りあげていただきましたこと
    心より感謝申し上げます。


    終演後、観劇いただいた皆様より
    多くの前向きな感想をいただきました。
    同時に、さらなる発展と飛躍に向けた改善点も
    多くお声をいただいております。


    今後もメンバー達ひとりひとりが
    より素晴らしいパートナーシップの力を
    体現できるような公演作りを目指し
    新しい感動を生み出せるよう邁進してまいります。

    ALICE IN Wonderland 2019 プロジェクトチーム 2019.9.12.

  • 2019年夏公演が終了いたしました。

    ご来場いただきました全ての皆さまへ感謝申し上げます。

    ジョセフの旅は続きます。

    どうぞお楽しみに!


    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • 関西公演が好評の中幕を下ろし
    いよいよ、8月31日㈯ より横浜YTJホールにて関東公演が開幕いたします!

    上演期間
    2019年8月31日~9月1日まで。

    ジョセフの公演を通して
    出演者、スタッフ全員で分かち合った想いがあります。

    - 信じるということ -
    皆さんの中には、既に登場人物たちが生きています。それを信じてください。

    - 託すということ -
    自分だけで頑張らず、周りの人たちに想いを託してください。素晴らしいカンパニーが皆さんを包んでいます。

    - 愛するということ -
    既に愛に溢れているカンパニーです。作品を、キャストの皆さんを、演じる人物たちを、そしてこれからお会いするお客様を愛して下さい。

    仲間たちを「信じ、託し、愛そう。」


    8月30日、舞台稽古が無事終了しました。
    キャスト・スタッフ一同お待ちしています。
    一番良いものをお届け出来ますように。


    舞台芸術の最後のピースは、お客様。

    ジョセフ出演者全員が魅力満載でお届けいたします。是非ご覧くださいませ。


    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • YTJのロングランミュージカル「Joseph and the amazing technicolor dreamcoat」
    関西公演がいよいよ8月17日に開幕します!

    全曲セリフを楽曲にのせ
    歌い物語が進行していく、 ”オペレッタ形式” ミュージカル。

    この物語は、困難という壁にぶつかった時、Josephの「あきらめない姿」を伝えます。

    出演者全員からのメッセージ

    『大きな壁が目の前に立ちはだかっても
    自分にはそれを乗り越えるだけの力がある、
    ということを観る人みんなに、信じ続けてもらいたい。』

    作曲は「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を手掛けた稀代の芸術家、アンドリュー・ロイド=ウェバー。
    作詞は「ジーザスクライストスーパースター」や「エビータ」を手掛けた巨匠、ティム・ライス。

    この夏も物語を彩る華やかな楽曲とダンス、全てが観客を魅了することでしょう!

    劇場で皆さまをお待ちしています。
    (本公演は座内公演です。ご観覧には在籍メンバーを通してのお座席券ご購入が必要となります)

    ジョセフ2019プロジェクトチーム

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSICプロジェクトチームの伊東です!

    本日はWORLD MUSICに登場する国、インドについてご紹介したいと思います。

    【世界の〇人に1人はインド人?】
    中国と並んで人口が多いことで知られるインド。
    人口数は世界第2位で、なんと日本の約10倍!
    世界の5人に1人がインド人だと言われています。

    同じインドでも、その中には複数の民族が暮らしており、
    使用されている言語は15言語以上だと言われています。
    また、インド全域では1,000以上の方言も存在するそうですよ!


    【インド映画で、ダンスシーンが多いのはなぜ?】
    インド映画というと、ダンスシーンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
    また、インドの映画は「ボリウッド映画」と呼ばれていることでも有名ですよね。
    (ボリウッドという名前の由来は、是非劇中で答え合わせをしてみてください!)

    ダンスシーンが多い主な理由の一つとして、先ほどお話しした、
    インドでは多数の言語が使用されていることがあげられます。
    言葉が通じなくても楽しめる、かつ感情を表現するツールとして、
    ダンスは重要な役割を果たしています。


    【カレーという呼び方は現地の人には通用しない?】
    インドを代表する料理は?と聞かれたら、
    カレー!と答える人が多いのではないでしょうか?
    日本でも家庭の味として多くの人に親しまれていますが、
    インドの中でも「カレー」という呼び方が通用しない地域がある、
    というのをご存知でしょうか?

    元々インドでは、様々な種類のスパイスを使って具を煮込む料理が食べられており、
    使用する材料によって同じ煮込み料理でも料理名を変えていました。
    その料理が世界へ広まった際に、
    スパイスを使用する料理の総称として「カレー」という言葉が用いられた、
    と言われています。
    そのため、今でも「カレー」という呼び方が通用しない地域もあるようです。

    WORLD MUSICではインド以外にも、
    様々な国の音楽やダンス、
    また魅力的なキャラクターに会うことができます。

    一度に世界旅行ができちゃう!?
    そんな体験ができるのはWORLD MUSICだけ!

    皆様のご来場、お待ちしております!

    WORLD MUSICプロジェクトチーム 伊東

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSICプロジェクトの三浦です。

    本日はワールドミュージックに出てくる国の1つ、
    イギリスについてご紹介します。


    <イギリスという国は存在しない?>
    皆さんはイギリスの正式名称をご存じですか?
    グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
    なんと世界で一番長い国名です。

    連合国という名前の通り、
    イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの
    4つの独自の文化を持つ地域が集まってできています。

    国土は日本の半分ほどなのに、
    多種多様でとてもユニークですよね。

    <知っているけど知らなかった?>
    ①蛍の光
    皆さんも一度は聞いたことのあるこの曲、
    実は、オールド・ラング・ザイン(サイン) (英:Auld Lang Syne)という
    スコットランド民謡がもとになっています。

    日本では別れの曲として歌われていますが、
    スコットランドでは、友人との再会を祝う歌として、
    誕生日や結婚式で多く歌われています。

    ②学校のチャイム
    キーンコーンカーンコーン~♪という
    馴染みのあるこのメロディ、
    これは首都ロンドンにある、ウェストミンスター宮殿にある時計塔
    ビッグ・ベンの鐘の音からきています。

    ロンドンに立ち寄った際はぜひ
    耳を傾けてみてください!
    <演劇大国>
    イギリスは演劇の本場。
    アメリカのブロードウェイと並んで
    世界2大ミュージカル国の一つです。

    学校でも演劇の授業があり、
    ロンドンはもちろん、地⽅にも、
    歴史のある⽴派な劇場や劇団、
    育成学校が数多く存在するそうです。

    「キャッツ」
    「レ・ミゼラブル」
    「オペラ座の怪人」

    これらはイギリス生まれの作品です。
    どれも世界的に有名なものばかりですね。

    アメリカでミュージカルといえばブロードウェイですが、
    イギリスではロンドンにあるウエストエンド地区に劇場が集まっています。
    公演されている作品数は毎日20以上。

    ロンドンへ行った際には、
    ぜひとも立ち寄りたい場所の一つです。

    WORLD MUSICの舞台では、
    イギリスのみならず、世界各国の音楽、そしてダンスが盛りだくさん!
    どんな作品かは会場に来てからのお楽しみ。

    皆さんのご来場、
    心よりお待ちしております!

    World Musicプロジェクトチーム 三浦

  • 皆さん、こんにちは
    World MusicのプロジェクトチームのNathanです!

    約12か国がWorld Musicのストーリーに出てきます。
    今回のコラムには一つの国を紹介したいと思います。

    情熱の国と言うとどの国を考えますか?

    ヨーロッパの中で1番好きな国のスペインです!

    人生で3回スペインに行ったことがありますが
    「綺麗!楽しい!面白い!」と感動しました。

    「有名なところ」
    バルセロナではサグラダファミリアという教会があります。
    ガウディが生涯をかけて取り組み、130年以上経った
    今でもなお建設を行っている未完成の教会です。
    完成予定は2026年で144年間工事を続けています。
    ユネスコ世界遺産となってスペインが誇る観光地です。
    遠くから見れるタワーの高さは172メートルで
    身長は150cmのメンバーの115倍です。
    見る角度によって景色が違います。
    喜びを表現する角度、寂しさを表現する角度など
    ガウディが表現したかったストーリーは明確に見れます。
    2013年に行きましたがまた2026年以降、もう一回行きたいです!

    「有名な食べ物」
    スペイン料理って何があると思いますか?
    日本でも人気があるアヒージョ、
    バスクというところのピルピル、
    どこでも食べられるタパスなど。
    でも1番好きなスペイン料理はパエリアです。
    皆さま、パエリアを食べたことがありますか?
    米と野菜、肉、海鮮などとスープ、
    色々な味がしている料理です。
    パエリアを炊く人のことを女性だったら「パエジェーラ(Paellera)」
    男性だったら「パエジェーロ(Paellero)」と呼びます。

    「有名なダンス」
    フラメンコってご存じですか?
    スペイン南部のアンダルシアから生まれた伝統な歌、踊りです。
    Cante(歌)、toque(ギター)、baile(ダンス)、jaleoとpalmas(声を出す、手を叩く)、
    pitos(指パッチン)をよくやるダンスです。
    子供の時ちょっとだけやってみました。
    楽しかったですが難しかったです。
    背中の姿勢とかはやっていたバレエ、ジャズと違うので
    すぐ筋肉痛になりました!
    とてもきれいなダンスなので
    皆さまも調べて踊ってみてください!

    簡単ではありますが、スペインの紹介となります。
    もし、皆さまも機会があったら是非行ってみてください!

    World Musicの会場へ、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

    World Musicプロジェクトチーム Nathan Clark

  • みなさん、こんにちは!
    WORLD MUSIC プロジェクトメンバーの若井です。

    突然ですが、『WORLD MUSIC』のテーマをご存知でしょうか?
    ・極上のエンターテイメント
    ・予測を超えた感動
    です!

    YTJメンバー自身が「極上のエンターテイメントを生み出すためには??」
    「予測を超えた感動ってどんな感動??」
    について話し合いをしている姿を見て、胸が熱くなるとともに、
    一緒に素晴らしい舞台を作りたいな!と純粋に思います。

    本日は「WORLD MUSIC」のストーリーを紹介します。

    登場人物は、日本人の兄妹のカイトとハナ、ドイツ人のエルマー
    そして、各国に住んでいる個性豊かなキャラクター達です。

    プログラミング教室に通っているカイトは
    あるきっかけで知り合ったドイツ人のエルマーと仲良くなり、
    カイト、ハナ、エルマーは
    いろんな楽曲を共有することで、
    今まで知らない楽器や、リズムを知ることになります。

    日本にいながら他の世界を体験できることに魅力を感じ、
    インターネット上で音楽の投稿サイト、 『WORLD MUSIC』を立ち上げます。

    そこへ世界中からたくさんの投稿があり、
    カイト、ハナ、エルマーは初めて聴く音楽に魅了されていくのです。

    カイトたちは言語、文化の違いを越えて、何を思い、何を感じるのか...
    また、兄弟の絆や友情、家族愛…など
    ストーリもどんどん展開していきます。

    「シェアすれば世界はもっと近くなるんだ!」

    この夏、劇場にいながら『WORLD MUSIC』で一緒に世界旅行をしませんか?


    詳しい情報はこちら! ⇒ WORLD MUSIC 2019

  • みなさん、こんにちは。

    本日のWeekly Postは
    Joseph And The Amazing Technicolor Dreamcoat
    プロジェクトマネージャーの鳩川からお届けします。

    プロジェクトチームから、関東・関西の出演メンバーに向けて、
    今回初めての試みとして
    メンバー向けビデオレターをお送りしました!

    その中で、直接、Josephという作品についてや、
    レッスンの取り組み方などについてお話しました。

    スタッフの方々から、
    「とても楽しんでビデオレターを見ていた!」
    というお話を伺いこれからも続けていけたらな、と思っています。

    このビデオレターが、
    メンバーにとってJosephを深く知りたいと思えるきっかけになれば、と思っています!

    また、スタッフとしても、このようなやってみよう!新しいことをしてみよう!と、
    提案できる環境に素敵だなと、感じています。

    先週からキャスト対象のリハーサルもはじまり、その環境を今度は私がつくる番。
    夏クールももう少しで終わります。
    体調に気を付けて本番までみんなで頑張っていきたいと思います!

    Josephプロジェクトマネージャー 鳩川

  • 今回は「THE HATTER」を演じるキャストをご紹介いたします。


    関東公演:中村 悠正(ナカムラ ユウセイ)

    THE HATTERは昨年に引き続き、2度目の挑戦です!
    昨年の経験を活かし、より素晴らしいパフォーマンスができるよう精一杯頑張ります。
    不思議の国では愉快でコミカルなキャラクターがたくさん暮らしていますが、
    僕はその中でもHATTERには魅力を感じています。
    派手な見た目とは裏腹に、不器用さと誠実さを秘めたHATTERの繊細さを表現したいです。
    この夏、観客の皆様を不思議の国の世界へと誘います!ぜひ会場までお越しください。


    関西公演:大谷 涼馬(オオタニ リョウマ)

    THE HATTERを演じることが決まりました、大谷涼馬です!
    THE HATTERはALICE IN Wonderlandの中で重要なキャラクターで、
    挑戦できることを心から嬉しく思っております。
    THE HATTERは派手な見た目とは裏腹に、
    自分の気持ちをストレートに伝えられない不器用な一面もあります。
    その姿を見に来てくださるお客さんに届けることができるよう、精一杯頑張ります!


    関西公演:青森 航平(アオモリ コウヘイ)

    今回、THE HATTERを演じることになりました、青森航平です。
    昨年はTHE CHESHIRE CATを演じましたが、
    今年はまた新たな役どころにチャレンジすることになり、緊張もしています。
    自分なりにTHE HATTERというキャラクターへの理解を深め、たくさん研究し、
    今年のALICE IN Wonderlandを大いに盛り上げることが出来るよう、
    頑張っていきたいと思います!


    次回のメインキャスト紹介では、「THE CHESHIRE CAT」を紹介いたします。
    公式Instagram(@ytjalice)も要チェック!
    随時情報をアップしていますので、こちらもぜひご覧ください。


    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • Today's column will introduce you to our next character, THE HATTER!


    THE HATTER, a fashionable and stylish lover of hats, is one of the most unique characters in Wonderland. His favorite activity is hosting tea parties, which are famous throughout all of Wonderland. After ALICE arrives in Wonderland, she is struck by his charming and trustworthy nature when they first meet at his tea party, attended by all of the inhabitants in Wonderland. They treat ALICE like a true VIP. Since THE HATTER is a true tea expert, he shows her the proper way to drink a cup of tea, with your "ELBOWS DOWN AND PINKIES UP"!

    Following his curious nature, he asks ALICE about her story and how she ended up in Wonderland. After she tell's him that she is lost, and would very much like to find her way home, he encourages her that being lost is not such a bad thing. He teachers her that you can experience many new and exciting things whilst seemingly lost, and to "BELIEVE IN ALL THE POSSIBILITIES" that life has to offer.

    Whilst many of the inhabitants of Wonderland are scared of THE QUEEN OF HEARTS, THE HATTER seems to have a different perspective. He invites THE QUEEN OF HEARTS and THE KING OF HEARTS to have tea with him, where he even asserts that she is a good person. THE HATTER is very good at understanding people, and he teaches ALICE a very important lesson. He says that what people portray on the outside is often not what is on the inside, they may play a mean character, but their heart is often a different shape.

    I hope you have enjoyed reading about THE HATTER, and are looking forward to learning about the other mysterious characters of Wonderland.


    ALICE IN WONDERLAND Project Team, Nathan Clark.

  • 先日メインキャストの座内オーディションが実施され
    ALICE IN Wonderland 2019に出演するメインキャストが確定いたしました!

    今回はALICEを演じるキャストをご紹介いたします。


    関東公演:永島 楓月(ナガシマ カルナ)

    今回関東公演のALICEを演じることになりました、永島楓月です。
    昨年はDORMOUSEを経験しましたが、今年はALICEということで、私にとって新しい挑戦です!
    ALICEという役柄を精一杯務めることもそうですが
    カンパニーの仲間たちと一緒に成長できるよう頑張ります。
    この夏、皆さんと会場でお会いできること、楽しみにしています!


    関西公演:福海 風歌(フクミ フウカ)

    初めてキャストとしてミュージカルへの出演が決まり
    緊張とワクワクでいっぱいです!
    台本を読んだときに、ALICEに対して
    「自分の意見も尊重したい、でも周りの人の話もよく聞きながら
    皆のことをよく考えている優しい女の子」という印象を抱きました。
    今まで経験してきた歌唱やダンス、演技を活かせるよう頑張ります!


    関西公演:鈴木 史乃(スズキ フミノ)

    ALICEを演じるのは今回が初めてなので、とても緊張しています。
    ALICEと聞くと、「優しい、可愛い、天然」という
    女の子らしいイメージを思い浮かべる人が多いかと思いますが
    私の中では「好奇心旺盛で、自分に自信を持っている」という活発なイメージもあります。
    自分なりにALICEという役柄と精一杯向き合い、たくさんの人に感動を届けていきたいです!


    次回のメインキャスト紹介では、「THE HATTER」を紹介いたします。
    また、公式Instagram(@ytjalice)がオープンいたしました!
    随時情報をアップしていますので、こちらもぜひご覧ください。


    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • YTJのロングランミュージカル「Joseph and the amazing technicolor dreamcoat」
    本年度の全ての出演対象者の座内オーディションが終了しました!

    全曲がセリフを楽曲にのせて歌い物語が進行していく ”オペレッタ形式” のこのミュージカル。
    初演は1968年、15分の短編としてロンドンで上演。
    イギリスのWest End やアメリカのBroadway、
    世界 80か国以上の国でツアーが行われ、たくさんの人々に愛されてきました。

    子供の夢、大人になってからの夢、年齢や立場、環境が変わっても
    人はそれぞれが夢を見続けます。
    もしも困難という壁にぶつかった時、Josephは「あきらめない姿」を伝えます。

    作曲は「キャッツ」や「オペラ座の怪人」を手掛けた稀代の芸術家、
    アンドリュー・ロイド=ウェバー。
    作詞は「ジーザスクライストスーパースター」や「エビータ」を手掛けた巨匠、ティムライス。

    この夏も物語を彩る華やかな楽曲とダンス、衣裳、その全てが観客を魅了することでしょう!


    次回は、
    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat 登場人物をみなさんへご紹介します。


    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat is one of the world’s most beloved family musical.
    The reason why we should play this musical in Japan in YTJ is one of the play’s theme "Any dream will do"
    the members of YTJ who have a lot of dream can show you how beautiful having a dream is.
    they can show it in amazing way, singing dancing and acting.
    Don’t miss the chance to watch a dream coming true.
    Please look forward to the next column!
    Thank you.


    Youth Theatre Japan
    Joseph and the amazing technicolor dreamcoat 2019 creation team
    HATOKAWA

  • Today’s column will introduce you to our main character, ALICE!

    ALICE, a young girl with a wildly curious nature, finds herself spiraled into a topsy-turvy world called Wonderland, a place full of wonder, mystery and magic.
    ALICE is sweet, gentle, kind and courteous, with a great love and acceptance for the many and different creatures she meets in Wonderland.

    The CHESHIER CAT introduces ALICE to the mystery of Wonderland, and at first Alice is cautious and feels lost, but she manages to find her own inner-strength and self-perseverance to keep going.
    After attending tea parties hosted by THE HATTER she makes many friends, and the inhabitants of Wonderland fall in love with her. After experiencing all of the mysteries of Wonderland, she begins to feel at home.

    Life in Wonderland is not without hardship, with the QUEEN OF HEARTS jealous of Alice’s popularity amongst the others, often screaming “OFF WITH HER HEAD!!”
    However, after a while it seems that even the QUEEN and KING OF HEARTS begin to accept ALICE.

    ALICE describes her time in Wonderland as if it were a very strange, and wonderful dream, and she will miss her friends in Wonderland as she tries to find her way home.

    I hope you have enjoyed reading about ALICE, and are looking forward to experiencing the crazy world of Wonderland alongside her.

    ALICE IN Woederland Project Group Nathan Clark 2019.6.4.

  • みなさんこんにちは。 Youth Theatre Japan(YTJ)の活動にご参加の皆様 ならびに公演情報サイトにアクセス下さる皆様 いつもありがとうございます! WORLD MUSIC プロジェクトマネジャーの豊田から、お送りします。   今夏、上演予定の 世界を体験できる極上のエンターテイメント! “WORLD MUSIC”   このWORLD MUSICを通して 皆さんが 明日も、頑張ろう! 元気になった! 実際の国に行ってみようかな! と思ってもらえるよう (心を動かせるよう) 全員で良い作品にしたいと思っています。   この夏、繰り広げられる 熱い熱い夏をどうぞ皆様お楽しみに!!   制作運営本部 World Musicプロジェクトマネージャー 豊田

  • みなさん、こんにちは。

    本日はYTJのオリジナルミュージカル、
    「ALICE IN Wonderland」の客席について紹介いたします。

    YTJのALICE IN Wonderlandでは
    会場内前方に向かって正面のフロントステージ、後方バックステージ
    両サイドのサイドステージと、合計4つのステージを設営。
    それぞれのステージをつなぐように、十字型の大きな花道が作られています。

    観客の皆様には、より臨場感あふれる演出を体感してもらうために
    会場内の中央、花道を向くように両サイドに客席を設置。

    華やかな衣装に身をまとった、個性豊かなキャストやキャラクターたちが繰り広げる
    摩訶不思議なALICEの世界観を、目の前でお楽しみいただけます。

    目の前に来たキャストからは、声を掛けられたり、一緒に踊ったり…
    何が起こるかわからないドキドキをぜひ会場で体験してください。

    普段のミュージカルとは一味違った、YTJの新しいミュージカル。
    今年のALICE IN Wonderlandも、ぜひお楽しみにしてください。

    制作運営本部 ALICE IN Wonderland プロジェクトマネージャー 榊

  • ALICE IN WonderlandはYTJのオリジナルミュージカルです。

    『カラフルで、ビビットで、摩訶不思議!』
    本公演では、個性的でユニークなキャストやキャラクターが360度客席を取り囲む
    体感型のエンターテイメントをお楽しみいただけます。

    名曲が紡ぐ、臨場感たっぷりのジュークボックスサウンド。
    四方八方からキャストが飛び出し
    様々なエンターテイメントが次々に繰り広げられる様子は
    まさに、新感覚のミュージカル。

    女王様の命令に従って国民的ダンスを踊ったり
    ”青いリボン”をつけているあなたもALICEになれるかも…?

    時に切なく、時に甘く、お茶会は不思議の国の住民全員で大騒ぎ。
    一度”体験”したら、きっと不思議の国の虜になります。

    詳細は特設サイトにアップされていきますので
    今度の続報にもぜひご注目ください。

    制作運営本部 ALICE IN Wonderlandプロジェクトマネージャー 榊

  • 本日のWeekly Postは、ミュージカル紹介第2弾!
    世界を体験できる極上のエンターテイメント!
    “WORLD MUSIC”のご紹介です。

    本公演は、世界各国のあらゆるジャンルのダンスと
    観劇を超える、異文化体験を通して
    まるで世界を旅しているかのような感覚をお届けいたします。
    新たな発見や自身の世界観を広げ世界各国への大きな繋がりとともに
    個性豊かな子供たちが、大切な経験を経て、一歩大人になる、等身大の成長ストーリです。

    メンバーたちが作り出す、極上のエンターテインメントです!
    特設サイトも是非ご覧ください。

    制作運営本部 World Musicプロジェクトマネージャー 豊田

  • 劇団|Youth Theatre Japan は、国際的な団体からのイベント出演依頼に積極的に応じています。 直近では、日星国交50周年を記念した大使館主催のイベントSJ50MATSURI『シンガポール公演』や、8万人の観客動員を誇るカナダ最大のアジア文化発信イベント Japan Festival Canada 2017『トロント公演』 にゲストとして出演しました。 過去にも、アメリカのランドマーク的な劇場であるカーネギーホールにおける『ニューヨーク公演』や、中国の国家重点大学に名を連ねる復旦大学とのコラボレーションを実現した『上海公演』など、様々な国際活動を展開しています。

  • 劇団|Youth Theatre Japanは、日本最高峰の劇場で公演活動を行っています。2015年には新国立劇場において、チャールズ・ディケンズ不朽の名作 A Tale of Two Cities を原作とした壮大なブロードウェイミュージカル『二都物語』を上演しました。 また、累計20,000名を超えるダンサー・コレオグラファーが集結する日本最大級のダンスの祭典Japan Youth Dance Festival 2018(2018年4月開催)の全国大会が、梅田芸術劇場の全面協力のもと、メインホールにて盛大に開催される予定です。

  • 劇団|Youth Theatre Japan は、adidasをオフィシャルパートナーに迎え、オリジナルグッズのプロデュースを行っています。 歌やダンスのレッスン、ミュージカルやコンサートのリハーサル・本番、長距離の移動を伴う遠征・イベント出演など、多方面で活躍するパフォーマーの活動をサポートし、その能力を最大限に発揮できる環境を整えることを目的としています。 その機能的かつスタイリッシュなラインナップは、劇団所属メンバーに限らず、近日中に一般販売も開始される予定です。

  • 記事掲載:「世界で活躍する日本の若者」が教えてくれた大切なこと